東京で合格者を多数輩出している医学部予備校をお探しなら「メディカ(medika)」へ~東北大学の特徴と入試傾向~

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で合格者を多数輩出している医学部予備校をお探しなら「メディカ(medika)」へ~東北大学の特徴と入試傾向~

東北大学の特徴と入試傾向

東北大学の特徴と入試傾向

基本情報

東北大学は、1907年に国内で3番目の帝国大学として創設された大学です。東北大学医学部の源流はさらに古く、1817年に仙台藩の学問所「養賢堂」から独立した「仙台藩医学校」にまでさかのぼります。

東北大学は「研究第一」「門戸開放」「実学尊重」を理念として掲げており、今もなお研究者の養成や世界・地域に開かれた大学としての取り組みを行っています。

特徴

東北大学医学部には、医学科と保健学科の2学科があります。

医学科では「実学尊重」の理念の通りに医学的な知識を身につけることはもちろん、「研究第一」の理念に則って医学研究に応用する能力を育成することに力を入れています。また地域や国際社会への理解を深め、「門戸開放」の理念にも取り組んでいます。保健学科でも幅広い教養や科学的な知識・技術を高めると共に、チーム医療・チームケアを実践できる人材育成を目指しています。

入試傾向

東北大学医学部は、一般入試とAO入試を実施しています。

医学科の一般入試では、センター試験と個別学力試験の2回に分けて入試が行われます。センター試験5科目7教科を一次試験として実施し、二次試験として数学・英語・理科(物理・化学・生物から2科目)による個別学力試験と面接、小作文が実施されます。

保健学科では小作文はありませんが、センター試験と個別学力試験、面接の形式は同じです。保健学科の個別学力試験の配点比率は60%なのに対して、医学科の配点比率は79%と高いため、二次試験対策は十分に取り組んでおく必要があるでしょう。

一方、AO入試では筆記試験・書類審査・面接によって、医学・医療に関わる学問への関心・探求心・思考能力・倫理観などを評価します。保健学科でも同様に看護学への関心などを評価するAO入試が実施されています。

合格者を多数輩出している東京の医学部予備校「メディカ(medika)」~学費に関する相談にも対応~

合格者を多数輩出している東京の医学部予備校「メディカ(medika)」~学費に関する相談にも対応~

東京で多数の合格者を輩出している医学部予備校をお探しでしたら、「メディカ(medika)」をご検討ください。

東京にある医学部予備校「メディカ(medika)」は、英語・数学・理科の学習サポートはもちろん、面接・小論文の指導も行っています。学生の1人1人に合わせたカリキュラムを組み柔軟に対応させていただくため、推薦・センター・一般と、どの受験方法を選んでいても安心です。

学費に関する相談も承っていますので、東京で医学部予備校選びにお困りの方は、ぜひ「メディカ(medika)」をお選びください。

東京で医学部予備校をお探しなら少人数制の「メディカ(medika)」

スクール名
メディカ(medika)
TEL
03-5412-6585
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
内容
東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明
少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。

お役立ちコラム

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ