東京で医学部受験・再受験をするなら個別指導を行う医学部予備校へ~名古屋大学の特徴と入試傾向~

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部受験・再受験をするなら個別指導を行う医学部予備校へ~名古屋大学の特徴と入試傾向~

名古屋大学の特徴と入試傾向

名古屋大学の特徴と入試傾向

基本情報

名古屋大学は9番目に設立された帝国大学で、内地・外地を通じて「最後の帝国大学」です。1871年に名古屋藩種痘所の伊藤圭介らが名古屋藩庁に提出した建議書をもとに設立された、仮病院・仮医学校が源流となっています。

名古屋帝国大学創設時は理工学部と医学部のみ設置していましたが、今では9学部から構成され、スーパーグローバル大学事業のトップ型指定校となっています。

特徴

名古屋大学医学部には、医学科と保健学科があります。

医学科では1年生から「医学入門」という授業があり、福祉施設での体験実習を早期に取り入れ、医師になる心構えや倫理観について実践的に学びます。また最前線の研究を行う基礎講座に身を置くことで科学的な思考法も体得し、医学研究を推進する人材の育成にも努めています。

一方、保健学科では医療の専門的な知識だけでなく、問題解決能力や人間性豊かな資質を備えた医療技術者・教育者・研究者を養成することを目的としています。

入試傾向

名古屋大学医学部医学科の一般入試前期日程では、センター試験5教科7科目の成績に基づき、募集人員の約3.5倍までの者を合格者とします。その後の個別学力試験では、国語・数学・英語・理科(物理・化学・生物から2科目)と面接が課せられます。また後期日程ではセンター試験で720点以上得点していることに加え、面接が実施されます。

保健学科でも一次試験としてセンター試験5教科7科目の得点と、数学・英語・理科(物理・化学・生物から2科目)からなる個別学力試験の得点から選抜されます。

また、これまでに優秀な成績を収めている場合には推薦入試に出願することができます。推薦入試では書類選考とセンター試験の成績、口頭試問による面接により合格者を決定します。医学科の受験生はこれらに加え、和文と英文の課題に対してプレゼンテーションが実施されます。

医学部受験・再受験は個別指導で合格へと導く東京の「メディカ(medika)」へ~学費相談で不安解消~

医学部受験・再受験は個別指導で合格へと導く東京の「メディカ(medika)」へ~学費相談で不安解消~

医学部受験・再受験は、オーダーメイドの個別指導で合格へと導く東京の「メディカ(medika)」をお役立てください。

医学部受験のサポートを行っている東京の医学部予備校「メディカ(medika)」では、英語・数学・理科はもちろん、再受験の際に重要となる面接対策にも力を入れています。一人ひとりに合わせたオーダーメイドのカリキュラムが自慢です。

学費の相談にも対応するため、東京をはじめとする医学部受験に関する不安を一気に払拭できます。

東京で医学部受験をお考えの方は「メディカ(medika)」へ

スクール名
メディカ(medika)
TEL
03-5412-6585
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
内容
東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明
少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。

お役立ちコラム

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ