医学部を再受験するなら実績のある予備校を~筑波大学の特徴と入試傾向~

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

医学部を再受験するなら実績のある予備校を~筑波大学の特徴と入試傾向~

筑波大学の特徴と入試傾向

筑波大学の特徴と入試傾向

基本情報

筑波大学は、日本で最初に設立された東京師範学校を源流として創設された総合大学です。「開かれた大学」「柔軟な教育研究組織」「新しい大学の仕組み」を基本理念とし、日本の大学改革を先導する役割を担っています。

「学群・学類」の制度を置くことで、狭い専門領域に閉じこもることなく、より広い視野で学問に取り組むとともに、国内的にも国際的にも開かれた大学となることを目指しています。

特徴

筑波大学の医学部は「医学群」と呼ばれており、医学類・看護学類・医療科学類の3つの学類から構成されています。

医学類では、卒業時点で基本的な臨床能力と基礎的な医学研究能力を備えた医師を養成することを目標としており、その力をもとに将来的に社会に奉仕・貢献することを期待しています。

看護学類では「人間」「健康」「環境」「看護」の4本柱から、病気や障害の治療過程に関わるだけでなく、その人らしい生活が営めるようケアを行う看護者を目指します。

医療科学類は、疾病の診断や治療のために必要な臨床検査技術を学ぶ学類です。卒業後は臨床検査技師や研究者・教育者として活躍していきます。

入試傾向

筑波大学医学群の入試には、主に推薦入試・個別学力検査等の2つの試験形式があります。

推薦入試では高等学校での成績が優れている人材を小論文・面接によって総合的に評価し、選抜します。

一方で個別学力検査等では、センター試験5教科7科目を受験するとともに、個別学力検査が課せられます。医学類では英語・数学・理科(物理・化学・生物から2科目)と適性試験、看護学類では英語・国語または理科(物理・化学・生物から1科目)と個別面接、医療科学類では英語・数学・理科(物理・化学・生物から2科目)と個別面接が実施されます。

また医学類では、推薦入試・個別学力検査等ともに茨城県内で医療を担う強い意志のある人材を総合的に評価する地域枠が用意されています。

医学部を再受験するなら実績のある予備校「メディカ(medika)」~学費の詳細はお問い合わせを!~

医学部を再受験するなら実績のある予備校「メディカ(medika)」~学費の詳細はお問い合わせを!~

医学部の再受験をお考えでしたら、実績多数の予備校「メディカ(medika)」へお越しください。

「メディカ(medika)」は、医学部受験・再受験に特化した予備校です。英語・数学などの学習面でのサポートはもちろん、面接や小論文対策も行います。

ベトナム海外研修やボランティア活動・世界で活躍する医師の講演会など、「メディカ(medika)」でしか体験できない実践的体験学習の場もご用意しています。予備校でかかる学費に関する詳しい内容については、お気軽にお問い合わせください。

医学部を再受験するなら予備校「メディカ(medika)」

スクール名
メディカ(medika)
TEL
03-5412-6585
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
内容
東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明
少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。

お役立ちコラム

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ