東京で医学部受験をするなら少人数制指導を採用する「メディカ(medika)」へ~九州大学の特徴と入試傾向~

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部受験をするなら少人数制指導を採用する「メディカ(medika)」へ~九州大学の特徴と入試傾向~

九州大学の特徴と入試傾向

九州大学の特徴と入試傾向

基本情報

九州大学は、国内で4番目の帝国大学として1911年に創設されました。その源流は、1867年に設立された賛生館という医学教育を行う藩校にさかのぼります。

現在では優秀な研究者の養成と研究レベルの向上を目的として大学院重点化を行っており、教育組織としての大学院を「学府」、研究組織としての大学院を「研究院」と区別していることが特徴です。

特徴

九州大学医学部には、医学科・保健学科・生命科学科の3つの学科があります。

医学科は、基本的な知識を修得し新たな知につなげる「基幹教育」と、日本の医学研究や先端医療を支える人材を育成する「専攻教育」でカリキュラムが構成されています。

保健学科では、看護師・保健師・助産師・診療放射線技師・臨床検査技師といった保健学分野における医療人や教育者、指導者の育成を目指します。

生命科学科ではヒトだけでなく、様々な生き物を対象として次世代の生命医科学研究と医学教育を担う人材の育成を目的としています。

入試傾向

九州大学医学部の一般入試では医学科・保健学科・生命科学科ともに、センター試験5教科7科目の受験が必須です。また、個別学力試験では医学科は数学・英語・理科(物理・化学)、保健学科は数学・英語・理科(物理・化学・生物から2科目)と面接、生命科学科は数学・英語・理科(物理・化学・生物から2科目)が課されます。

保健学科についてはAO入試での募集枠もあり、センター試験5教科7科目と小論文・面接が実施されます。すべての学科において前期日程のみの募集となっていますので、出願する際には注意しましょう。

東京で医学部受験(一般・推薦)をするなら少人数制指導採用の「メディカ(medika)」へ

東京で医学部受験(一般・推薦)をするなら少人数制指導採用の「メディカ(medika)」へ

東京で医学部受験(一般・推薦)をお考えでしたら、少人数制指導を採用している「メディカ(medika)」へお越しください。

東京にある「メディカ(medika)」では、常に講師が生徒の理解度を把握するために、少人数制指導を採用しています。生徒と講師の距離が近いため、医学部受験に向けて一人ひとりの学力に合わせた指導が可能です。

医学部受験のために東京の医学部予備校をお探しでしたら、ぜひ「メディカ(medika)」をご利用ください。

東京で医学部受験をお考えの方は「メディカ(medika)」へ

スクール名
メディカ(medika)
TEL
03-5412-6585
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
内容
東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明
少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。

お役立ちコラム

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ