私大医学部・国立医学部の受験をお考えで予備校をお探しなら「メディカ(medika)」~浜松医科大学の特徴と入試傾向~

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

私大医学部・国立医学部の受験をお考えで予備校をお探しなら「メディカ(medika)」~浜松医科大学の特徴と入試傾向~

浜松医科大学の特徴と入試傾向

浜松医科大学の特徴と入試傾向

基本情報

浜松医科大学は1973年に設置された静岡大学国立医科大学創設準備室を前身に、翌1974年に設立された日本の国立大学で、静岡県浜松市に本部を置く医科系単科大学です。

外来棟や病棟のある附属病院や実習棟、図書館などが併設されています。

また、2015年の医師国家試験合格者は99.1%と全国1位にもなっています。

特徴

浜松医科大学には、医学科、看護学科の2つの学科があります。最新の理論や応用を学び高度な知識、技術、豊かな人間性、医の倫理に優れた臨床医、医学研究者、医学従事者を育てることを目的としています。

医学科では、自学自習、少人数制のグループワーク、研究心の育成など自ら学ぶ姿勢を身につけながら、国際性の習得、プロフェッショナリズムを身につけるための学びを得られます。また看護学科では、では、生命の尊厳を尊重する倫理観や豊かな人間性を育み、看護実践力のある専門職を育てることを目的としています。

卒業生の多くは、厚生労働大臣指定臨床研修病院に配属されたり、隣接する大学付属病院へ就職する人もいます。

入試傾向

入試傾向は医科系単科大学らしく難度の高い問題が多く、合格者の平均点をみても65%と低めの傾向にあります。そうした二次試験での高得点を取りにくさ、医学部の中でもセンター試験に重みを置いていることを踏まえても、センター試験でしっかりと高得点を狙うことが合格への道となるでしょう。

化学の問題は普通よりもやや難しく、高校で習う範囲外の測定方法が説明付きで出題されることもあります。また、 国公立の入試問題でよく見られる計算過程の記述は必要ありませんが、説明問題の出題はあります。基本的な演習を一通りやったら、足りない知識を補強していくことが大切でしょう。

私大医学部・国立医学部の受験をお考えの方は医学部受験予備校「メディカ(medika)」へ

私大医学部・国立医学部の受験をお考えの方は医学部受験予備校「メディカ(medika)」へ

私大医学部・国立医学部の受験をお考えで予備校をお探しの方は、「メディカ(medika)」をご利用ください。

「メディカ(medika)」では、現役・浪人生を問わず私大医学部・国立医学部の受験生向けに、生徒が的確に理解できるように、わかりやすい指導を心がけています。

テキストは医学部受験に精通した講師が最新の傾向などを分析しながら作成しており、全国にある国公立・私立のすべての医学部受験に対応することが可能です。

私大医学部・国立医学部の受験を控えている方は、「メディカ(medika)」をご活用ください。

私大医学部の受験をお考えなら個別指導を行う予備校「メディカ(medika)」

スクール名
メディカ(medika)
TEL
03-5412-6585
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
内容
東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明
少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。

お役立ちコラム

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ