国立医学部の受験をサポートする予備校「メディカ(medika)」~鳥取大学の特徴と入試傾向~

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

国立医学部の受験をサポートする予備校「メディカ(medika)」~鳥取大学の特徴と入試傾向~

鳥取大学の特徴と入試傾向

鳥取大学の特徴と入試傾向

基本情報

鳥取大学は、昭和24年に開設された国立大学法人が運営する総合大学です。学内には、医学部、地域学部、工学部、農学部の4学部があります。

また、鳥取大学では、地域の課題を一緒に考え解決していく「知と実績の融合」を理念とし社会貢献に取り組んでいます。このような理念のもと、今まで多くの学士、修士、博士を世の中に輩出してきました。

特徴

鳥取大学では、国際的な視野を持つ人材育成にも力を入れており、海外で実践を取り入れた語学プログラムを受講することができます。短期だけでなく長期留学も推奨している他、世界各国から留学生や研究者を受け入れ、国際的研究、相互親睦が盛んです。学生の国際交流や地域と一緒に社会貢献にも積極的な大学です。医学部では、常に患者さんを意識した教育を行い、卒業後すぐに活躍できるような人材の育成に力を入れています。大学附属病院、図書館、付属動物医療センター、学内共同教育研究施設などを併設しています。

入試傾向

鳥取大学の入試問題は、基本的な問題が多く難易度はそう高くありません。教科書の内容をしっかりと理解し、基礎的な部分を落とさないようにすることがポイントです。ただし、医学部医学科の専用問題はやや難易度が高くなるため、ここでどれくらいの点数が取れるかが合否を決めると言っても過言ではありません。過去問以外に、他大学の医学部医学科専用問題を繰り返し解いて慣れておくことが重要です。

また、医学部はセンター試験の点数が合否に大きく影響しますので、早くから5教科、または7科目の勉強をしなくてはいけません。高校3年では遅く2年生頃から早めに取り組むことが、合格を勝ち取るために大切になります。

医学部予備校「メディカ(medika)」は国立医学部の受験を目指す方を個別指導でサポート!

医学部予備校「メディカ(medika)」は国立医学部の受験を目指す方を個別指導でサポート!

国立医学部の受験を控えている方は、医学部予備校「メディカ(medika)」をお役立てください。

「メディカ(medika)」では、国立医学部の受験を目指す現役生や浪人生を問わず、医学部受験に的を絞ったオリジナル教材を使用して指導を行っています。

個別指導・少人数制指導を取り入れていますので、疑問点や不明点があってもすぐに質問できる環境が整っています。地域を問わず国公立・私立すべての医学部受験に対応可能です。

国立医学部受験で合格を目指すなら、ぜひ「メディカ(medika)」へ。

国立医学部を受験しようとお考えなら「メディカ(medika)」へ

スクール名
メディカ(medika)
TEL
03-5412-6585
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
内容
東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明
少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。

お役立ちコラム

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ