東京で医学部専門予備校に通うなら「メディカ(medika)」~高知大学の特徴と入試傾向~

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部専門予備校に通うなら「メディカ(medika)」~高知大学の特徴と入試傾向~

高知大学の特徴と入試傾向

高知大学の特徴と入試傾向

基本情報

昭和24年に文理学部、教育学部、農学部の3学部からなる国立大学として設置されました。平成15年には、高知大学と高知医科大学を統合し5学部編成になりました。さらに、平成27年に地域協働学部を設置し、現在では6学部となっています。

高知大学は「地域から世界へ、世界から地域へ」を標語にしている国立大学で、地方文化や産業の進展に貢献し質の高い教育活動を取りいれています。また4つのC(Chance,Challenge,Change,Create)を掲げ高知から世界へ向けて発信、挑戦を続けています。

特徴

「土佐さきがけプログラム」を実施し、従来の学部、学科などのカリキュラムから独立した時代を先駆ける高知大学ならではの教育プログラムです。このプログラムでは、学部や学科に捉われない様々な分野の学問を学ぶことができる独自のカリキュラムとなっています。このプログラムによって、幅広い知識、思考力、応用力を身につけ社会のリーダーに育成することを目的としています。

高知大学では幕末のリーダー坂本龍馬のように、時代の一歩先を行く人材育成を目指しています。国際交流にも力を入れており、アジア・太平洋地域を中心とした国の人々との交流、積極的な支援を行い地域の国際化に寄与しています。

入試傾向

配点比率は、センター試験50%弱、二次試験は50%強となっています。センター得点率は、教育学部、理工学部、農林海洋化学部が50%中盤~60%中盤、人文社会科学部が60%中盤~70%中盤、地域協働学部60%中盤、医学部が60%中盤~80%中盤と最も高くなっています。

高知大学をはじめ、筑波大学、群馬大学などは2018年入試で、募集人員の約3割を推薦、AO入試で受け入れています。いずれも思考力、判断力、表現力などの評価が義務付けられることになっていますが、大学入試改革の対象となる学生や保護者はその動向に十分注意し対策を講じる必要があります。

東京で医学部専門予備校をお探しなら「メディカ(medika)」へ~個別指導だから苦手科目も克服しやすい!~

東京で医学部専門予備校をお探しなら「メディカ(medika)」へ~個別指導だから苦手科目も克服しやすい!~

東京で医学部専門予備校をお探しの方は、「メディカ(medika)」をご利用ください。

医学部受験は年々難化していますが、「メディカ(medika)」ではオリジナル教材を使用した個別指導など、充実したカリキュラムで高い合格実績を維持しています。全国の国公立・私立を問わずすべての医学部受験に対応していますので、医学部専門予備校に通うなら、ぜひ「メディカ(medika)」へお越しください。

遠方から医学部専門予備校「メディカ(medika)」に通う方向けに、提携寮も完備しています。寮母さんが常駐していて静かな環境ですので、安心して受験勉強に励むことができます。

東京の医学部専門予備校に通うなら「メディカ(medika)」へ

スクール名
メディカ(medika)
TEL
03-5412-6585
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
内容
東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明
少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。

お役立ちコラム

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ