医系の予備校「メディカ(medika)」は物理・化学など苦手科目の克服もサポート!~香川大学の特徴と入試傾向~

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

医系の予備校「メディカ(medika)」は物理・化学など苦手科目の克服もサポート!~香川大学の特徴と入試傾向~

香川大学の特徴と入試傾向

香川大学の特徴と入試傾向

基本情報

香川大学は、1949年に開学した国立大学で文理学6学部、研究科を設置する総合大学です。また、平成15年には香川医科大学と統合し、医学部を持つ大学として新たなスタートを切りました。

世界水準の教育研究活動により、創造的で人間性豊かな専門職業人、研究者を育成し多くの著名人を社会に輩出しています。元総理大臣、元外務大臣などを務めた大平正芳氏や、元大蔵大臣、元文部大臣などを務めた三土忠造氏などがいます。閣僚や県知事、アナウンサー、大手企業の取締役など多くの著名人が卒業生として名を連ねています。

特徴

香川大学では、教育、研究、地域貢献、国際交流の4つにおいて様々な取り組みをしており、地域に拓かれた「知の拠点」であることを目指しています。例えば、香川大学経済学部は、90年の歴史と伝統があり四国で唯一の国立大学経済学部として多くの経済人を育成することに力を注いできました。さらに、当学部の特徴として少人数制教育を重視し、海外への国際交流、国際化にも力を入れていることが挙げられます。協力校への留学、短期海外研修も毎年行っています。

入試傾向

医学部の中には、医学部専用の問題を出題する大学とそうでない大学がありますが、香川大学は医学部専用の問題が出題されます。そのため、高得点を取ることは容易ではありません。また、ほかの国立大学に比べ、センター試験の割合がかなり高いため、ここでしっかりと得点しておくことが合格への近道です。

医学部に関してはセンター試験で、90%弱程度取ることを目標に勉強をしていきましょう。センター試験であまり点数が取れなかった場合、二次試験での巻き返しはかなり難しくなるため、出願するかどうかを慎重に考える必要がでてきます。

医系の予備校で医学部合格を目指すなら少人数制授業の「メディカ(medika)」へ~物理・化学など苦手科目があればお聞かせください~

医系の予備校で医学部合格を目指すなら少人数制授業の「メディカ(medika)」へ~物理・化学など苦手科目があればお聞かせください~

東京にある医系の予備校「メディカ(medika)」は、少人数制授業を実施しています。

集団授業だと授業のスピードについていけない、疑問点をすぐに質問できないなど、生徒により悩みを抱えてしまうケースがあります。

そのため、医系の予備校「メディカ(medika)」では、一人ひとりのレベルに合った指導で、理解度を深めてもらう授業を行っています。物理・化学など苦手科目があれば、カウンセリングの際にお聞かせください。

医系の予備校をお探しなら、国公立・私立を問わずすべての医学部入試に対応している「メディカ(medika)」へ。

医系の予備校に通うなら個別指導を行う「メディカ(medika)」へ

スクール名
メディカ(medika)
TEL
03-5412-6585
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
内容
東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明
少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。

お役立ちコラム

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ