二次試験科目に英語や数学がある方は医系予備校「メディカ(medika)」へ~札幌医科大学の特徴と入試傾向~

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

二次試験科目に英語や数学がある方は医系予備校「メディカ(medika)」へ~札幌医科大学の特徴と入試傾向~

札幌医科大学の特徴と入試傾向

基本情報

札幌医科大学は、1950年に旧道立女子医学専門学校を基礎として、戦後初の新制医科大学として医学部医学科の単科で開学しました。

「人間性豊かな医療人の育成」「道民の皆様に対する医療サービスの向上に邁進」「国際的・先端的な研究の推進」という理念を掲げています。その理念のもとに、地域医療支援センターを設置したり、2002年には北海道に初めて高度救命救急センターを設置したりするなどの活動を行っています。

特徴

医学部と保健医療学部の2学部4学科からなる大学です。医学部には医学科があり、保健医療学部には、看護学科、理学療法学科、作業療法学科があります。医学部附属施設として、フロンティア医学研究所・教育研究機器センター・動物実験施設など、研究をサポートする医学部附属施設があることが特徴的です。

それぞれ、先進的な医療研究結果を道民に提供すること、最先端の医学研究を最新の機器でサポートすること、生命科学研究で医療の開発・展開に寄与することなどを目的としています。

入試傾向

入試傾向

どちらの学部も募集は前期のみになります。保健医療学部は面接のみの二次試験です。センター試験の得点と面接で合否が決まります。センター試験の得点比率が大きいので、しっかりと対策する必要があります。

医学部の二次試験には、数学・理科(物理・化学・生物から2科目選択)・英語の学科試験と面接が課されます。比率が700点:700点ですので、二次試験対策も大切になってきます。

前期しかチャンスがないので、どの科目も計画的に勉強を進めましょう。

医系予備校「メディカ(medika)」は個別指導を行っています!~数学・英語などの二次試験対策が必要な方へ~

医系予備校「メディカ(medika)」は個別指導を行っています!~数学・英語などの二次試験対策が必要な方へ~

医学部受験をお控えの受験生で、予備校をお探しの方は、東京にある医系予備校「メディカ(medika)」にお問い合わせください。

少人数・個別指導を行っているので「二次試験対策として数学・英語・理科を中心に勉強したい」とお考えの方のご希望に添えることも可能です。

医系大学への入試を研究して作ったテキストは、「メディカ(medika)」のオリジナルテキストになっています。医系予備校選びでお悩みの方は、個別指導とオリジナルテキストで合格に導く「メディカ(medika)」をご利用ください。

医系予備校に通うなら個別指導の「メディカ(medika)」をお選びください

スクール名
メディカ(medika)
TEL
03-5412-6585
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
内容
東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明
少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。

お役立ちコラム

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ