個別指導と徹底した復習を行う医系予備校「メディカ(medika)」~福島県立医科大学の特徴と入試傾向~

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

個別指導と徹底した復習を行う医系予備校「メディカ(medika)」~福島県立医科大学の特徴と入試傾向~

福島県立医科大学の特徴と入試傾向

基本情報

福島県立医科大学は、戦時中の1944年に創立された福島県立女子医学専門学校(女子医専)を前身として、1947年に旧制医科大学(予科)が設置されたことに始まります。単科医科大学が看護学部を設置したのは、福島県立医科大学が日本で初めてです。

また、ドクターヘリの自主運用の開始は東北初となっていて、このような大学の取り組みが、福島県の医療に関わる人材の育成、医療環境を強化することへつながっています。

特徴

医学部と看護学部から構成される大学です。医学部は1年次で「知を蓄え、自分のなりたい医師をめざす」、2~4年次で「医の道を照らす、その手法を広く学ぶ」、5・6年次で「豊かな人間性を備えた医師として成長」することを目指したカリキュラムが組まれています。

大学組織には、地域で在宅医療から高度医療までの充実を目指して看護師を育成する「看護師特定行為研修センター」や、産婦人科・小児科の医師を招き実践教育を行う「ふくしま子ども・女性医療支援センター」などがあります。

入試傾向

入試傾向

推薦入試と一般入試があります。推薦入試にはA枠(地域枠)とB枠(一般枠)に分かれています。この地域枠と一般枠の募集は、医学部の一般入試にも適用されているので、条件が合えばチャンスが広がります。

地域枠で受験するには、「福島県緊急医師確保修学資金」の貸与を受けることと、卒業後に県内の公的医療機関等に勤務することが条件です。保健学科の二次試験には総合問題が出題されます。

総合問題とは読解力・思考力・表現力を問われたり、保健・医療・福祉に関する問題への関心が問われたりする問題です。英文による出題が含まれるので、苦手な方は対策が必要です。

個別指導を行う医系予備校「メディカ(medika)」~物理・化学・生物の得点を伸ばしたい方へ~

個別指導を行う医系予備校「メディカ(medika)」~物理・化学・生物の得点を伸ばしたい方へ~

受験に向けた学習内容を重視して医系予備校を決めたいという現役・浪人生の方は、「メディカ(medika)」をお選びください。

個別指導と徹底した復習主義で、合格の可能性を広げます。数学・理科(物理・化学・生物)・英語への二次試験対策が充実しているという点は、医系大学へ合格するためには欠かせません。

医系予備校「メディカ(medika)」なら、一人ひとりに向けた受験対策を行うので、その点も安心です。東京にある予備校をお探しの方は、ぜひご利用ください。

医系予備校に通うなら個別指導の「メディカ(medika)」をお選びください

スクール名
メディカ(medika)
TEL
03-5412-6585
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
内容
東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明
少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。

お役立ちコラム

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ