医学部合格を目指すなら東京の医学部専門予備校「メディカ(medika)」へ~広島大学の特徴と入試傾向~

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

医学部合格を目指すなら東京の医学部専門予備校「メディカ(medika)」へ~広島大学の特徴と入試傾向~

広島大学の特徴と入試傾向

基本情報

広島大学は1949年の大学創設時に「自由で平和な一つの大学」という目的(建学の精神)を制定しました。それをもとに、「平和を希求する精神」「新たなる知の創造」「豊かな人間性を培う教育」「地域社会・国際社会との共存」「絶えざる自己変革」を理念5原則として掲げています。

東広島キャンパス、霞キャンパス、東千田キャンパスの3つに分かれ、医学部は霞キャンパスに所属しています。

特徴

広島大学の特徴と入試傾向

医学部ではチーム医療を担う人材を養成するために、医学部・歯学部・薬学部合同で早期体験学習を1年次で取り入れています。

医学科で実践力や問題解決能力を身につけるために行われているカリキュラムは、少人数制グループでの診療実習・フィールドワークや、与えられた課題に議論を交わしながら解決策を探る学習方法などです。

保健学科は、看護学・理学療法学・作業療法学の3つの専攻で構成されます。それぞれの専攻で、高度な専門知識と技術を持つ医療の専門職を目指して基礎を学び、実践力をつけるために、臨地見学実習・臨床実習などを行います。

入試傾向

医学科の入試傾向が特徴的です。前期日程ではセンター試験と二次試験の満点の比率が900点:1800点となっていて、二次試験の結果を重視していることが分かります。他にも、A配点とB配点があるので、数学・英語が得意ならA配点を、理科(物理・化学・生物から2科目選択)が得意ならB配点で受験に挑みましょう。

後期日程では、反対にセンター試験の得点が重視されていて、900点:100点の比率です。後期日程は、学科試験が実施されず、面接のみの試験となります。

東京の医学部専門予備校「メディカ(medika)」は少人数・個別指導を行う

東京の医学部専門予備校「メディカ(medika)」は少人数・個別指導を行う

東京で医学部専門予備校を選ぶなら、「メディカ(medika)」をご利用ください。受験生一人ひとりに合った指導を行える医学部専門予備校で、少人数・個別指導を取り入れています。

二次対策が必要な医学部大学への対策や、配点の差を活用するための対応策を一緒に考えることができるなど、少人数指導によるメリットは合格に欠かせません。医学部専門予備校選びでお悩みでしたら「メディカ(medika)」が力になります。

医学部専門予備校をお探しなら東京の「メディカ(medika)」へ!

スクール名
メディカ(medika)
TEL
03-5412-6585
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
内容
東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明
少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。

お役立ちコラム

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ