医学部合格を目指すなら個別指導を行う医学部専門予備校「メディカ(medika)」へ~福井大学の特徴と入試傾向~

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

医学部合格を目指すなら個別指導を行う医学部専門予備校「メディカ(medika)」へ~福井大学の特徴と入試傾向~

福井大学の特徴と入試傾向

基本情報

福井大学は国立大学の中でも非常に高い就職率を誇ります。その歴史は1949年に、福井師範学校、福井青年師範学校、福井工業専門学校を基体とし、学芸学部と工学部の2学部からなる新制国立大学として発足したことから始まります。

医学部は、1978年に設置された福井医科大学の流れを汲んだ学部で、福井大学と福井医科大学が統合されて、2003年に福井大学医学部が誕生しました。「愛と医術で人と社会を健やかに」という理念を掲げています。

特徴

医学部の理念「愛と医術で人と社会を健やかに」をもとに、真理を探求する知への愛、人命を尊重し人間に共感する人への愛を目指した教育を実施しています。医学科と看護学科があり、医学科は「医の倫理に徹した、人格高潔な、信頼し得る臨床医・医学研究者の育成」という目的を開学時から掲げています。

保健学科では、看護師免許に加えて、選択制で保健師と助産師免許の資格を取得できるコースが用意されています。また、国際的に活躍できる人材の育成と、卒業後にも高度なプログラムが引き続き学べることも特徴的です。

入試傾向

入試傾向

医学科の前期日程では、数学・理科(物理・化学・生物から2科目選択)・英語と面接が二次試験の科目になります。看護学科では小論文と面接です。

面接では、医師を志したきっかけや、理想の医師像といった質問の他にも、福井のイメージや福井に訪れたことはあるかなどといった、福井県に関連した質問をされる可能性もあります。

小論文は、地方医療や延命目的の医療に対する考え方といった、社会的に注目されている医療との向き合い方を問われるものや、医師として直面する生と死のあり方を問われるものなどが予想されます。

医学部専門予備校の決め手は?~指導力・学費・個別指導・自習室の有無などから判断しよう~

医学部専門予備校の決め手は?~指導力・学費・個別指導・自習室の有無などから判断しよう~ 

医学部を受験するために医学部専門予備校を探している方は、講師陣の指導力・学費・個別指導による丁寧な指導・自分のペースで勉強できる自習室の有無などから判断しましょう。

医学部専門予備校の「メディカ(medika)」では、一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムを用意してサポートいたします。

医学部専門予備校で医学部合格を目指す受験生は「メディカ(medika)」をご利用ください。

医学部専門予備校をお探しなら東京の「メディカ(medika)」へ!

スクール名
メディカ(medika)
TEL
03-5412-6585
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
内容
東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明
少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。

お役立ちコラム

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ