医学部の再受験をお考えなら学生から社会人まで様々な年齢に対応する予備校「メディカ(medika)」~信州大学の特徴と入試傾向~

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

医学部の再受験をお考えなら学生から社会人まで様々な年齢に対応する予備校「メディカ(medika)」~信州大学の特徴と入試傾向~

信州大学の特徴と入試傾向

信州大学の特徴と入試傾向

基本情報

信州大学は、松本医科大学・松本高等学校・長野県立農林専門学校・上田繊維専門学校・長野工業専門学校・長野師範学校・長野青年師範学校の7つの学校を統合してできた国立大学です。

信州の豊かな自然、その歴史と文化、人々の営みを大切にし、福祉の向上、研究成果を人々の幸福に役立てることなどを理念として掲げています。その理念のもと、地域や社会に目を向けた教育や研究への取り組みを続けています。

特徴

信州大学医学部には、医学科と保健学科の2つの学科があります。

医学部では豊かな人間性、広い学問的視野と課題探求能力を身につけた臨床医・医療技術者・医学研究者の育成と、高度で個性的な医科学研究の実施、地域貢献と国際交流の推進を基本理念としています。そのため医学科では、「意欲・態度」「思考・判断」「コミュニケーション」「技能・知識」を6年間の教育で満遍なく高めることができるようカリキュラムが組まれています。

保健学科ではチーム医療実習やオーストラリアへの短期留学制度が用意されており、地域や世界で活躍できる人材を養成しています。

入試傾向

信州大学医学部では、一般入試・推薦入試が実施されます。

医学科の一般入試は前期日程のみで、センター試験5教科7科目の受験が必須です。二次試験では、数学・英語・理科(物理・化学・生物から2科目)による個別学力試験と面接が行われます。また、志願者が募集人員(100名)の5倍を超えた場合には、センター試験の成績・調査書・志願調書の内容から第一段階選抜が実施され、合格者のみ二次試験を行います。

保健学科の一般入試も、医学科と同様にセンター試験を利用します。その後、前期日程では数学・英語による個別学力試験、後期日程では面接が実施されます。

また、医学科の推薦入試は長野県の高等学校出身者であることが出願資格となっており、書類選考・センター試験の成績・面接により選抜が行われます。保健学科の推薦入試では、理学療法学専攻のみセンター試験を受験した上で書類選考と面接が実施されますが、それ以外の専攻は書類選考と面接のみ実施されます。

医学部の再受験をお考えなら学生から社会人まで様々な年齢に対応する予備校「メディカ(medika)」

医学部の再受験をお考えなら学生から社会人まで様々な年齢に対応する予備校「メディカ(medika)」

医学部を再受験するとなると、予備校選びも大切です。自分に合った予備校であれば、合格率がアップするでしょう。

「メディカ(medika)」では、現役合格を目指す学生の方はもちろん、医学部を再受験する社会人の方まで様々な年齢に対応しています。一人ひとりの学力レベルに合ったカリキュラムで医学部の再受験に成功するための力を養います。

「合格」という結果を出せるように、講師・スタッフ一同全力でサポートしますので、医学部再受験のための予備校は「メディカ(medika)」をお選びください。

医学部を再受験するなら幅広い年齢の方にも対応の「メディカ(medika)」

スクール名
メディカ(medika)
TEL
03-5412-6585
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
内容
東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明
少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。

お役立ちコラム

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ