東京で医学部受験前に知っておくべき学費を解説

復習を謳う塾や予備校が多いなか,メディカ(medika)の復習主義は徹底しています。
教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。きっと人生が変わります。
メディカ(medika)は君の最後の架け橋。

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部受験前に知っておくべき学費を解説

小さい頃から「大学は医学部に行かせる」という考えを持っている家庭であれば、さまざまな準備を計画的にすることができるでしょう。しかし、子どもに突然「医学部に行きたい」と言われたら、ご両親は勉強をどうサポートしていくのかと同時に、学費についても、とても心配になるのではないでしょうか。

そこで今回は、医学部受験前に知っておくべき学費についてまとめました。また、学費以外にも必要となる費用や、東京の医学部学費ランキングについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「医学部に行きたい」といわれた保護者の方へ~学費編~

積み上げられたコインとモルタルボード

我が子が「医学部を目指す」と言い出したとき、嬉しさと同時に不安を抱く親は少なくありません。なぜなら医学部はほかの学部より学費が高額になるためです。

もちろん、国公立大学の医学部であれば、ほかの学部と1年間の学費は同額です。しかし、医学部は6年制のため、他の学部より1.5倍の学費が必要となります。

また、私立大学の医学部になると、安く見積っても2,000万円ほどかかり、これは家1軒を建てるのに匹敵する額です。そのため、住宅ローンと同じように、教育ローンを組むことも考えなければならないでしょう。

理由があって私立大学の医学部受験を考えているのでなければ、国公立大学の医学部受験を目指したほうが家計に負担をかけないのは明らかです。ただし、私立大学より国公立大学のほうが難易度は高いです。そのため、早い時期から個別指導にも対応可能な医学部予備校に通って学力を高めておくとよいでしょう。

東京の医学部予備校であれば、実績のあるメディカ(medika)がおすすめです。

医学部に通うと必要になるのは学費だけではない

積み上げられた書籍と勉強道具

医学部に通う場合に必要となるのは、学費だけではありません。

まず、講義で教科書として使う書籍をはじめ、数多くの医学関連書籍が必要となります。これらは医学の専門書であるため、1冊5,000円以上するものがほとんどです。できるだけ金額を抑えるためには、先輩に譲ってもらう・古本で購入する・図書館で借りるなどの方法もあります。しかし、版が異なると内容が若干変更されている場合もあるので注意しましょう。

また、実験や実習にも費用が必要な場合があります。これらは学費と同様に、私立大学医学部ではかなり高額となる傾向にあり、年に20万円~30万円ほどかかるようです。

そのほか、国家試験対策講座参加費(数十万~100万円)なども考えておいたほうがよいでしょう。もちろん、通学費や、ひとり暮らしをさせるのであれば家賃・生活費なども必要となってきます。

このように、医学部受験を考える際には、必要な費用の見積もりもあらかじめしておくことが重要です。なお、医学部受験前に予備校に通うなどの費用も忘れてはいけません。東京で医学部予備校を探している方は、各自のレベルに合わせた個別指導にも対応するメディカ(medika)を検討してみてはいかがでしょうか。

東京の医学部学費ランキング

ここでは、東京の医学部の学費をランキング形式でご紹介します。

医学部受験情報総合サイト「医学部受験マニュアル」より抜粋[注1]

東京にある医学部を有する国公立大学は2校のみであるため、私立大学も含めたランキングとしています。また、いずれも6年間通った場合の学費の合計です。ただし、変更の可能性もあるため、正確な学費の額は、各大学のホームページで確認する、または各大学に直接問い合わせるなどしてください。

1.東京大学【国立】 350万円
2.東京医科歯科大学【国立】 350万円
3.順天堂大学【私立】 2,080万円
4.慶應義塾大学【私立】 2,200万円
5.昭和大学【私立】 2,200万円
6.日本医科大学【私立】 2,200万円
7.東京慈恵会医科大学【私立】 2,250万円
8.東邦大学【私立】 2,630万円
9.東京医科大学【私立】 2,940万円
10.日本大学【私立】 3,310万円

[注1]医学部受験マニュアル:医学部学費ランキング(国立・公立・私立大学)

医学部受験を決めたら早めの費用見積もりと準備で医学部合格をサポートしましょう

これまでご紹介したように、医学部合格後に必要となる学費やその他の費用は、国公立大学か私立大学か、自宅通学か1人暮らしか、によっても大きく異なってきます。医学部受験を決めた後は、本人の努力を無駄にしないためにも、これらの点を早めに検討し、合格に向けて必要となる費用を見積もり、準備していくことが重要です。

また、できるだけ家計に負担をかけないようにするには、学費の安い国公立大学を目指して医学部予備校で効率良く勉強することをおすすめします。

少人数制や個別指導で合格へのサポートをしっかりと行う東京の医学部予備校メディカ(medika)では、提携寮も利用できるため、自宅から通えない場合でも安心です。

東京で医学部受験をお考えならメディカ(medika)へ

スクール名 メディカ(medika)
住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
Tel 03-5412-6585
Fax 03-5412-1650
内容 東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明 少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。
Url https://medika.jp/

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ