東京で医学部受験に必要な学費以外の費用を解説

復習を謳う塾や予備校が多いなか,メディカ(medika)の復習主義は徹底しています。
教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。きっと人生が変わります。
メディカ(medika)は君の最後の架け橋。

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部受験に必要な学費以外の費用を解説

「医学部に行きたい」と子どもに言われて何とか学費の工面はつけたけれど、いざ受験する段階になって、学費以外にも費用が必要となることに気が付いたという保護者も少なくありません。

「医学部に通うことになれば高額な学費を払わないといけない」ということは、保護者のみなさんはある程度覚悟しているでしょう。しかし、実は入学前にも、受験料や入学金、遠征費など、多額の費用がかかる場合があるのです。これらは意外と見落としがちです。そのときになって慌てないために、医学部受験を決めたときからしっかり準備しておきましょう。

今回は、東京での医学部受験に必要な学費以外の費用について解説しますので、参考にしてください。

「医学部に行きたい」と言われた保護者の方へ~受験費用編~

封筒に入った受験料

子どもに「医学部に行きたい」と言われたら、嬉しさと同時に高額な費用負担の不安を感じることでしょう。確かに、学費を考えた場合、国公立大学医学部で卒業までに400万円弱、私立大学医学部になると安くても2,000万円はかかるといわれます。

しかし、医学部受験を考えるとき、それ以外にも忘れてはいけない費用があります。それは、受験料、遠征費、納付金などです。子どもががんばって勉強を進め、いざ出願・受験、となったときに、それらの費用に愕然とする保護者の方は少なくありません。医学部受験を決め、偏差値から考えてどこの大学を目指せばよいかの目処がついてきたら、学費だけでなく、受験費用についても見積もりを始めることが重要です。

また、効率良く勉強を進め、偏差値を上げるためには、医学部予備校に通うことも考えましょう。東京で医学部予備校を探しているなら、合格実績のあるメディカ(medika)がおすすめです。

医学部医学科受験にかかる費用

医学部医学科を受験する際には、どのくらいの費用がかかるのかを具体的に見ていきましょう。

受験料

国公立大学の場合は、センター試験と二次試験を受けることになります。前期と後期の2大学を受ける場合は、二次試験の受験料が2倍必要です。

  • センター試験受験料(3教科以上):1万8,000円
  • 国公立大学二次試験受験料:1万7,000円

私立大学の場合、受験料は大学によって異なりますが、6万円程度のところが多いようです。

遠征費(交通費・宿泊費)

自宅のすぐ近くに受験する大学があるという場合は少ないでしょうから、試験会場の大学までの往復交通費も考えておかねばなりません。また、試験開始時間に間に合わないような遠方に住んでいる場合は、交通費に加えて宿泊費も必要になってきます。

納付金

私立大学をいくつか併願する場合、合格発表の前に、すでに合格が決まった大学の入学手続きの期限が来てしまうケースがあります。合格の決まった大学が第一志望であればよいのですが、合格発表を待つ大学のほうがより志望度が高い場合は、保険のために、合格した大学に納付金を支払っておくこともあるでしょう。

納付金は大学によって異なり、入学金のみの大学もあれば、入学金と授業料などの一部を合算する大学もあります。後者の場合、3月31日までに入学を辞退すれば、入学金以外は返還される大学がほとんどです。ただし、私立大学医学部の入学金は100~200万円程度です。その大学に入学しなければ、100~200万円が無駄になるのです。

いっぽう、国公立大学の入学金は28万円程度と、私立大学に比べればかなり安いのが特徴です。

このように、偏差値が十分に伸びなかったため、数多くの私立大学の医学部受験をしなければならなくなれば、それだけ出費もかさみます。そのためにも、早い段階から医学部予備校に通うことをおすすめします。東京の医学部予備校メディカ(medika)は合格実績も高く、医学部受験対策にも自信があります。

遠方での受験には交通費や宿泊費の準備を

青いスーツケースを引いて歩く人

前述したように、遠方の大学を受験する場合は、大学までの往復交通費も必要です。新幹線や飛行機を利用するとなれば、それなりに高額です。複数の大学を受験する場合、合計額はかなりの額となるでしょう。

さらに、余裕を持って試験にのぞむために前日にホテルに泊まる、東京で複数の医学部受験をするからその間はホテルに連泊する、というケースも考えられます。

東京の場合は、1泊朝食付きのシングルルームで8,000~1万8,000円ほどを考えておくとよいでしょう。

このことからも、「念のために数多くの医学部を受験する」ことは、無駄な費用を生むことにつながります。医学部予備校メディカ(medika)で効率よく医学部受験勉強を進めるのがおすすめです。

学費以外の費用もしっかりと準備して医学部受験をサポート

以上のように、医学部受験には、学費以外にも高額な費用が必要となります。とくに、私立大学医学部の場合は、合格後の授業料だけでなく、受験費用も高額となりがちです。安全のために複数校を受験することになれば、何倍にもふくれあがるでしょう。

もちろん、志望する大学が遠方にある場合は、遠征費を削ることはできません。しかし、たとえば国公立大学の医学部に十分合格できる実力があれば、私立大学をいくつも受験する必要もないため、受験料や納付金を抑えることができます。そのためには、医学部受験専門の予備校に通うことがもっとも有益だといえるでしょう。

東京の医学部予備校メディカ(medika)は、全国の大学の最新情報を常にリサーチし、少人数制や個別指導を組み合わせた授業で、医学部合格をサポートします。

東京で医学部受験を希望している方はメディカ(medika)へ

スクール名 メディカ(medika)
住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
Tel 03-5412-6585
Fax 03-5412-1650
内容 東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明 少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。
Url https://medika.jp/

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ