医学部受験に必須の専門予備校の選び方

復習を謳う塾や予備校が多いなか,メディカ(medika)の復習主義は徹底しています。
教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。きっと人生が変わります。
メディカ(medika)は君の最後の架け橋。

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

医学部受験に必須の専門予備校の選び方

子どもに「医学部に行きたい」と言われたとき、「私立大学医学部なら何とかなるだろう」と考えるかもしれません。

一昔前は「国公立大学医学部=超難関」「私立大学医学部=そこそこの学力でも大丈夫」という図式が成り立っていましたが、最近では事情が変わってきています。私立大学医学部でもっとも入りやすいとされるところでも、偏差値62以上は必要です。

50前後の偏差値であれば何校も候補があった1980年代と比べると、私立大学医学部の難易度はかなり上昇しています。そこで重要になってくるのが、医学部専門の予備校で受験勉強を効率よく進めていくことです。

今回は、効率のよい医学部予備校の探し方や、保護者の関わり方についてご紹介します。

「医学部に行きたい」といわれた保護者の方へ~予備校編~

医学部受験について考える保護者

医学部受験を考える子どもを持つ保護者が受験生だった1980代には、偏差値が40を切る私立大学医学部も存在していました。また、偏差値が50台であれば、複数の私立大学医学部を受験できました。

しかし、近年は違います。冒頭でも述べたように、最低でも62程度の偏差値でなければ私立大学の医学部の合格は狙えません。昔は「滑り止め」として受けたような大学も、今は「志望校」という位置づけです。

子どもに「医学部に行きたい」といわれたときは、「親の世代と今とでは、医学部の受験事情はまったく異なる」ということを頭に入れて、受験生活をサポートしていくことが大切です。

医学部予備校メディカ(medika)では、全国の大学の最新情報をつねにリサーチし、合格へのサポートに活かしています。

効率のよい医学部予備校の探し方

本を見ながら予備校について考える学生

前述のように、今はどこの大学の医学部を受験するにしても、全力で取り組まねばなりません。高校に通って授業を受け、部活に励み、行事に参加する毎日でも効率よく勉強を進めるには、医学部専門の予備校に通うことが必須でしょう。

「高校生活は二の次で受験勉強に専念する」という意志の強い生徒であっても、全国の大学医学部の最新情報や入試の傾向、テクニックなどは、なかなか独学では得られません。受験指導を専門にしている予備校であれば、効率のよい勉強の仕方やスケジュールの立て方なども指導してくれます。

そこで、ここでは効率よく医学部専門の予備校を探すためのポイントをお伝えします。

資料請求をする

医学部専門の予備校は、東京や大阪などの都市部だけでなく、全国各地に数多く存在します。まずは、医学部専門の予備校を検索し、各サイトを閲覧しましょう。そして、気になったところの資料を請求し、くわしく検討します。

実際に見学してみる

各予備校のサイトや資料でわかることは、学費や授業の特色、合格実績などです。しかし、講師陣がどの程度の熱意を持っているか、勉強するにふさわしい環境かなどは、実際にその場に行ってみないとわかりません。まずは、資料請求した予備校の中から気になったところに保護者の方自身が足を運び、直接スタッフと話をしてみることをおすすめします。

保護者の目で見てさらに何校かに絞った後は、子どもと一緒に見学しましょう。これから長期間にわたって指導を受けるのですから、授業スタイルが自分に合っているのか、講師陣とは相性がよさそうか、といったことを本人に判断させ、決定することが重要です。どの予備校も、体験入学や見学などを実施していますので、気軽に申し込んでみましょう。

医学部予備校メディカ(medika)では、プレ春期・春期・夏期・直前期に実施している講習会に参加することで、授業の雰囲気などを体験できます。

医学部予備校と親と生徒との三位一体が成功のカギ

「予備校に通わせたらそれで安心」と親がまったくかかわらない状態ではいけません。予備校での勉強態度や出席状況、成績などが予備校から送られてくるので、まずはそれらに目を通しましょう。そして、成績が伸び悩んでいる・モチベーションが低下しているなどの様子が見られたら、感情的にならず、適切にサポートしてあげることが大切です。子どもの様子やサポートの仕方に不安があれば、予備校に相談するとよいでしょう。

医学部予備校メディカ(medika)では、受験生の方との二者ではなく、保護者の方も含めた三者で医学部合格を目指します。そのため、保護者の方へのサポート体制の充実にも自信を持っています。

そのほかにも、規則正しい生活習慣や栄養管理・体調管理など、家庭でないとできないサポートは数多くあります。それらは、勉強することと同じかそれ以上に受験には重要なことなので、親も一緒にがんばっていく意識を持ちましょう。

医学部受験は受験生・保護者・予備校の三人四脚で進める

今回ご紹介したように、今や医学部合格は予備校なしでは手が届きにくいものになっています。そのため、予備校選びは医学部受験において大変重要なファクターといえます。また、長丁場となる受験勉強をやり続けるには、本人の相当な集中力と意志力も必要です。そして、これらをサポートするには、保護者の方の力も不可欠。まさに、受験生・保護者・予備校が三人四脚で進めていくことこそが、医学部合格のカギでしょう。

まずは、医学部予備校探しが受験の第一歩です。受験生と保護者の方をしっかりとサポートする体制が整っているメディカ(medika)といっしょに医学部合格を目指しませんか。

医学部専門の予備校で学びたいとお考えならメディカ(medika)へ

スクール名 メディカ(medika)
住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
Tel 03-5412-6585
Fax 03-5412-1650
内容 東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明 少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。
Url https://medika.jp/

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ