医学部予備校 受験生の親が知っておくべきサポートの極意 個別指導もおすすめ!安い学費の相談もお気軽に

復習を謳う塾や予備校が多いなか,メディカ(medika)の復習主義は徹底しています。
教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。きっと人生が変わります。
メディカ(medika)は君の最後の架け橋。

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

医学部予備校 受験生の親が知っておくべきサポートの極意 個別指導もおすすめ!安い学費の相談もお気軽に

大学受験の中でも最難関と言われている「医学部」への受験。浪人するのは普通のこととも言われており、かなり狭き門です。予備校に毎日通い専門知識を授業で蓄え、合格を目指すお子様のひたむきな姿勢に、親はついつい過度な応援をしてしまいがちに…。しかし、その過度な応援は、お子様に悪い影響を及ぼしているかもしれません。

今回は、医学部受験のお子様を持つ保護者の方のために、どのようなサポートをしていくべきなのかを徹底解説します。医学部受験期を迎えているお子様にどう接したらいいのかわからない方や、どのようなサポートがお子様に合っているのか考えあぐねている方は、お子様が喜ぶサポートのヒントを得てください。

「医学部に行きたい」と言われた保護者の方へ~サポート編~

単語帳を片手に家を出る子供を見守る親

子供は突然、親に将来の夢を伝えてくるものです。ただ、もしお子様が「医学部に行って医者になりたい」と言ってきた場合、保護者としてはどのように対応をするべきなのでしょうか。

基本は干渉しすぎないこと

「医学部を目指すことは、並大抵の努力では難しいのでは…」と誰もが思うはずですし、実際にその通りでしょう。ただ、心配するあまり子供に対して「ちゃんと勉強できているの?」や「成績は上がっているの?」「もっとこうしなさい!」など過度に干渉・指導するのは逆効果です。

さりげないサポートを心がける

かといって、干渉をまったくしないのも逆効果です。子供は親がひそかに見守ってくれているという空間が一番安心します。体調を気遣ったり、「無理しないでね」と声を掛けたりするだけでも構いません。

お子様が医学部受験をお考えでしたら、医学部予備校のメディカ(medika)への入学をご検討ください。復習主義を徹底した授業を行い、能力を高めていきます。

医学部受験生を持つ親の悩みQ&A

医学部受験生を持つ親は、いろいろな悩みを抱えしまうものです。こちらでは、同じように医学部受験のお子様を持つ親が抱いた「悩み」をまとめてみました。

Q.医学部進学に向けて、いつから塾や予備校に通えばいいですか?

A.早い生徒は中学生のうちから医学部進学に向けて予備校に通ったり、勉強をスタートさせたりします。中学生や高校生は部活や習い事などで勉強や予備校の時間が取れないことも多いと思いますが、時間はあっという間に過ぎていきます。苦手科目がある場合は、早めの対策をおすすめします。

Q.親として子供にどんなサポートをしたら良いですか?

A.医学部の学校説明会には積極的に参加してください。また、成績のことをうるさく言うのはよくありませんが、まったくの無関心もよくありません。成績が良いとか悪いとかに関係なく、適度に心配をしてあげることが大切です。さらに、学費のことを子供にいろいろ言ってしまう親御さんがいらっしゃいます。気持ちはわかりますが、全くの逆効果です。

Q.学費の工面が心配です…

A.学費の負担が軽く、安い大学を紹介してもらうと良いでしょう。また、各自治体が奨学金を支給する地域枠の募集の案内も探してみてください。ただし、あまりにも学費が安い学校に通ってしまうのはおすすめできません。学費が安いだけで入学してしまうと、医者になるために必要な設備が十分に整っていないところに通うことになる可能性があるからです。

Q.もし受験で落ちてしまったら、浪人させるべきですか?

A.本当に医師になりたいのであれば、失敗した原因を冷静に分析し、その上で再チャレンジをするのがおすすめです。

メディカ(medika)では、ご家庭と連携して受験生をサポートできる環境を整えています。心配なことがありましたら、ご遠慮なくご相談ください。

医学部合格者に聞く!親にされて嬉しかったこと

手のひらに浮かぶハート

医学部合格者の多くの方が、「家族の支えが一番大きかった」と感じています。そこで、医学部合格者が受験期間中に親にされて嬉しかったことをいくつかご紹介します。

  • 合格祈願のお守りを買ってきてくれて、そっと机の上に置いといてくれた。
  • 片道2時間通学の私のために、母は毎朝5時に起きてお弁当を作ってくれた。
  • 忙しく自分のことには無関心の父が、初めて一緒に学校説明会についてきてくれて、熱心に質問をしていた姿に少し嬉しかった。
  • 成績が伸びなくて落ち込んでいても、父や母はそのことについては一切何も触れず、いつも笑顔で接してくれた。
  • 取りたい授業や講習会は全部取らせてくれた。個別も全教科つけて良いと言ってくれた。

以上のことから、医学部受験者は「親のささやかなサポート」や「一緒に取り組んでくれている」という姿勢に喜びを感じることがわかります。学習については、医学部予備校のメディカ(medika)にお任せください。医学合格への架け橋になります。

個別指導もおすすめ!安い学費に関するご相談もお気軽に

東京都渋谷区千駄ヶ谷にある医学部専門予備校メディカ(medika)は、なんといっても「医学部に特化した教材、講師陣が充実している」のが大きな強みです。教材は医学部入試に合格できる内容が豊富に含まれており、講師陣は医学部入試を知り尽くしたプロばかりです。

メディカ(medika)は、クラス授業はもちろん、個別指導にも対応しています。本気で医者を目指すお子様の味方ですので、お気軽にお問い合わせください。学費に関するご相談も承ります。

医学部受験のために予備校へ通うならメディカ(medika)へ

スクール名 メディカ(medika)
住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
Tel 03-5412-6585
Fax 03-5412-1650
内容 東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明 少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。
Url https://medika.jp/

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ