医学部を再受験する人・再受験の方法、寛容度 私立大学に合格するなら予備校へ

復習を謳う塾や予備校が多いなか,メディカ(medika)の復習主義は徹底しています。
教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。きっと人生が変わります。
メディカ(medika)は君の最後の架け橋。

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

医学部を再受験する人・再受験の方法、寛容度 私立大学に合格するなら予備校へ

最近では医学部を再受験する人、特に女性の方が急激に増えている傾向にあります。ただ、現役生でも超難関といわれている医学部ですし、全体的に医学部のレベルが上がってきているという傾向もあり、合格は狭き門だといわれています。

また、私立大学は学費も高額になるため、国公立大学の医学部を目指す人も多く、国公立大学を目指すならより難しい状況であることは否めません。中には、再度医学部の受験を目指したものの、中断される人も多く見受けられる現状ですが、見事合格した方もいらっしゃいます。

ここでは、大学医学部の再受験について解説いたします。

医学部再受験は社会人や主婦などさまざまな人がチャレンジする

受験のために勉強をする主婦

社会人やほかの学部に通っている大学生、主婦などが医学部の再受験をしています。

医学部を再受験する理由としては、以前は難しすぎてなかなか医学部に進学できなかったものの、年月を経て再度医学部にチャレンジしてみたいと思ったり、現在医学に関わるお仕事をされていて医学部を目指したいと思った、など動機はさまざまです。

ただ、やはり以前と比較しても医学部のレベルがかなり上がってきていますので、現役の高校生をライバルとして学力で戦うのは難しいもの。今の仕事や大学に支障をきたしてまで医学部を再受験する意志や覚悟が本当にあるのか、再度自分自身に問うことも場合によっては必要になるでしょう。

それでももう一度医学部を目指したいという方は、私立大学・国公立大学の医学部受験に対応した予備校メディカ(medika)をご検討ください。

医学部再受験の2つの方法

医学部の再受験をする人たち

医学部を再受験するための2つの方法をご紹介していきます。

まずは、一般の高校生と同様に一般入試の試験を受験する方法です。これは、高校を卒業しているなら誰にでも資格があります。

次に、編入試験を受験する方法です。これは大学時代に取得した単位によって入学する方法となり、4年生大学の卒業の条件のほかに、色々と細かい条件が定められているのが現状です。

さて、医学部の再受験でどちらが医学部に合格しやすいかといえば、一般入試のほうで、編入試験のほうが難しいといわれています。

その理由としては、特定単位やTOEICの受験などの細かい設定があること、合格するレベル設定が高いこと、倍率が一般試験の4倍ほどあるということ、予備校や参考書などの情報が少なく対策しづらい、という点にあります。したがって、医学部を再受験する人は、一般入試を受験する人が多いのです。

もちろんメディカ(medika)は、医学部の再受験をされる方もサポートいたします。

医学部の再受験寛容度

難関である医学部の再受験ですが、再受験に寛容な大学も中にはあるようです。

公に再受験生に対してどのような対応になるのかは、大学側は公表していません。そういう情報は口コミや合格した人の割合を元に作成されています。しかし、寛容な大学と聞いたからといって油断は禁物です。あくまでも口コミであることを忘れずにしておきたいところです。

また、とにかく試験の点数を少しでも多くとることが必要です。どうしても、現役生と比較すると点数が少なくなる傾向にあります。各教科の点数をしっかりと確保できるほどの勉強量が必要です。医学部再受験を成功させる力を身につけたい方は、メディカ(medika)をご検討ください。

医学部の再受験で私立大学に合格するなら予備校メディカ(medika)へ

私立や国公立大学の医学部の再受験に合格するには、かなり厳しい現状が待ち受けているでしょう。とにかく、教科の試験で点数を多くとるためには、勉強時間を確保したり、医学部受験を専門とする予備校に通ったりして、入試対策を万全に整えましょう。

また、医学部の再受験に関する情報を集めながら教科以外の面接や小論文などの対策も必要です。

これらの現実を受け入れたうえで、やはり再受験をしたい、という方は、まずは会社や大学を継続しながら勉強してみることをおすすめいたします。

私立・国公立大学の医学部の再受験に挑戦される方は、ぜひメディカ(medika)にお問い合わせください。

医学部への再受験をお考えならメディカ(medika)へ

スクール名 メディカ(medika)
住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
Tel 03-5412-6585
Fax 03-5412-1650
内容 東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明 少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。
Url https://medika.jp/

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ