【医学部の再受験】浪人・多浪の保護者の心得と子供との接し方

復習を謳う塾や予備校が多いなか,メディカ(medika)の復習主義は徹底しています。
教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。きっと人生が変わります。
メディカ(medika)は君の最後の架け橋。

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

【医学部の再受験】浪人・多浪の保護者の心得と子供との接し方

近年医学部のレベルがかなり上がってきており、現役で合格できるのは3割程度で、合格者の6割は浪人を経験しているといわれています。

そういう背景もあり、医学部を再受験する方も増え、子供をサポートする保護者としての在り方も重要視されるようになってきました。また、浪人や多浪をしても医学部に合格するとは限らず、子供はもちろん、保護者としても将来が不安でストレスになることもあるでしょう。

今回は、そんな医学部の再受験を目指して浪人や多浪をしている子供と保護者が、どう向き合えばいいのかを伝授してきたいと思います。

医学部浪人生の保護者の心得Q&A

徹夜で勉強する子供に飲み物を渡す親

もし、あなたの子供が医学部を目指していて、合格せずに浪人をしたいといった場合にはどうすればいいでしょうか。子供が再受験を希望した場合、予備校の費用やメンタル面など、保護者のサポートなしでは再受験も臨めません。

また、医学部の6割程度は浪人を経験している現状からしても、医学部は難関であるため不合格になったからといって落ち込むこともないでしょう。

むしろ、子供が医学部を受験するという気持ちが固まった時点で、保護者としては浪人をするかもしれない、という想定はして、費用面なども整理しておくといいかもしれません。

大切なのは、合格したいという気持ちを持ち続けることであり、そうすることで合格への道も開けてくるかもしれません。

医学部再受験が決まったら、メディカ(medika)への入塾もご検討ください。

浪人・多浪しても医学部合格は可能

丸が描かれた札をあげる女性

医学部に合格するまで再受験を重ねていくと、子供にとっても保護者にとってもストレスがかかることになるかもしれません。しかし、再受験して合格したいという気持ちを強く持っていれば、いずれ合格する可能性も充分にあります。

ただ、ご自宅で浪人生活をしている方は、注意が必要です。ご自宅だと、すべて自分自身で管理することになり、よっぽど強い意志を持って勉強していない限り、学力も向上していきません。

また、入試試験の情報や面接や小論文の対策なども手薄となり、医学部再受験に不利になる可能性もあります。第三者が教える予備校や塾などに定期的に通う方が、医学部に合格するためには、より最適な環境であるといえるでしょう。

世間体や新卒就職が気になる場合には、学士編入や仮面浪人という選択肢もあります。学士編入は、大学卒業者が医学部の2~3年に編入できる制度のことです。

仮面浪人は、ほかの大学や学部に通いながら医学部を目指す方法です。かなり忙しいスケジュールになりますが、浪人・多浪というプレッシャーから解放され、精神的に落ち着いて勉強に取り組める可能性があります。

医学部再受験をするなら、医学部予備校のメディカ(medika)もチェックしてみてください。

浪人中の子供との接し方

医学部を目指して浪人や多浪をしている子供と、どう接していけばいいのでしょうか。

まず、浪人をしているという時点で子供は引け目を感じていますので、過度なプレッシャーをかけるのは控えておきましょう。子供自身も、来年合格できるのかどうか不安に思っています。その気持ちを煽るような言葉をかけてしまうと、余計にストレスになり、勉強にも影響を与えかねません。

また、保護者として心配する気持ちは当然ですが、過度に心配しすぎると、子供の負担になってしまいます。模擬試験の点数を細かく確認したり、勉強の進捗具合を聞いたりする行動はプレッシャーになってしまいます。気になるお気持ちは理解できますが、そこは抑えていつも通りに接するようしてあげましょう。

周囲に医学部に合格した人がいた場合はその人と比べがちですが、それもプレッシャーになりますので、他人は他人という考えを保護者としても持ち合わせておくべきです。

浪人・多浪中の子供は、かなりのプレッシャーと戦っています。そのことを理解して、生活面をサポートしてあげるようにしましょう。いつも通りの生活を送れるように、生活のリズムを整えてあげてください。そうすることで健康面だけではなく、精神面でも安定してくるはずです。

学習の仕方に不安を感じる方は、メディカ(medika)へ一度、ご相談ください。

医学部を再受験する子供を保護者としてできるサポートをする

費用面などの経済的な部分といつも通りの生活を送れるようなサポートなど、保護者としてサポートできることは多岐にわたっています。

また、受験生と同様に保護者も医学部に合格できるのかどうか不安な日々を過ごすことになると思いますが、うまくストレスを解消しながら、プレッシャーをかけることなく、サポートに徹していけるといいでしょう。

そして、子供とともに医学部に合格することを信じてサポートしてあげてください。医学部予備校メディカ(medika)も、お子様の再受験をしっかりと支えます。

医学部の再受験に関するご相談はメディカ(medika)へ

スクール名 メディカ(medika)
住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
Tel 03-5412-6585
Fax 03-5412-1650
内容 東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明 少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。
Url https://medika.jp/

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ