医学部の再受験 模試結果の捉え方 国立・私立大学問わず医学部合格実績を誇る予備校

復習を謳う塾や予備校が多いなか,メディカ(medika)の復習主義は徹底しています。
教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。きっと人生が変わります。
メディカ(medika)は君の最後の架け橋。

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

医学部の再受験 模試結果の捉え方 国立・私立大学問わず医学部合格実績を誇る予備校

医学部受験や一般大学入試においてありがちなのが、模試の一過性の数値や判定だけを見て一喜一憂することです。これには注意が必要です。

模試はその時の実力を図るうえで大事なツールになり得ますが、模試ごとに一喜一憂していては、本番の入試に万全の体制で臨むことはできません。現役の医学部受験から再受験に至るまで、医学部専門予備校を運営するメディカ(medika)が模試の正しい活用についてご紹介します。

【医学部受験者必見】模試結果を正しく理解する

鉛筆でマークシートを塗りつぶす人

医学部受験に限らず大学受験を意識し始めると気になるのが、偏差値や判定などが記載されている模試結果です。しかし、模試の捉え方を正しく理解しておかないと模試結果が弊害になりかねません。

模試結果を受験期間にどのように活用するかで、医学部の合否の可能性が大きく変わってきますので、現役・再受験問わず模試結果の捉え方をしっかり覚えておきましょう。

模試の利用方法

大学入試における模試の利用方法は「受験本番のための予行練習(力試し)」と「現在の進捗状況および時間配分の確認」といった2つの意味に分類できます。

まず「受験本番のための予行練習(力試し)」ですが、模試を受ける目的はあくまでも本番の入試に向けて実力を判断すること、本番同様の環境でどの程度実力が出せるかを知ることです。あくまでもそのおまけとして偏差値や学力レベル、平均点等がわかるわけです。「模試=予行演習」のつもりで臨みましょう。

次に重要なのが「現在の進捗状況および時間配分の確認」の項目です。模試結果を活用し、入試に向けて課題の克服や失敗箇所の分析などを重点的に行うことで、受験勉強を効率的に進めることができます。

模試で解けなかった問題は入試本番までにしっかり復習して、自身の弱点や反省点を振り返り補強してください。今後に向けても原因究明や具体的な対策を立てて、次に活かすことも忘れずに行いましょう。

模試結果の捉え方

模試結果を有効に活用するためには「模試結果を気にし過ぎない」ことが大切なポイントです。医学部受験においてセンター試験を利用するのであれば、模試結果の成績はかなりあてになるかもしれませんが、私立大学医学部での入試や二次試験は出題傾向が異なるため、一概に模試結果が通用するわけではありません。

そのため過度に模試結果に依存し過ぎると、本来の模試のメリットを相殺してしまいますので注意が必要です。

早期段階で模試の効率的な活用方法について正しく理解することで、より効率的な受験勉強ができます。現役受験・再受験でより詳細なアドバイスやサポートを受けたい方は、医学部専門予備校のメディカ(medika)までお気軽にご相談ください。

医学部の再受験をお考えなら医学部専門予備校メディカ(medika) 国公立・私立大学問わずサポート

木のブロックに書かれたテストの文字

受験生の多くは、模試の結果を現状の進捗状況の把握のみに活用しがちです。模試結果をより効率的に利用するためには、模試結果や偏差値だけにフォーカスせず、弱点の分析や課題克服に活用しましょう。

現役で大学医学部受験をする学生、医学部の再受験を検討される方も医学部専門予備校のメディカ(medika)へお問い合わせください。一人ひとりのきめ細やかな学習状況チェック・学習計画の立案に力を入れ、現役・再受験問わず合格へ向けてサポートいたします。

より効果的な模試結果の活用方法を知りたい方も、メディカ(medika)までお気軽にご相談ください。

医学部の再受験をご検討中なら医学部専門予備校のメディカ(medika)へ

スクール名 メディカ(medika)
住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
Tel 03-5412-6585
Fax 03-5412-1650
内容 東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明 少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。
Url https://medika.jp/

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ