医学部の受験は昔と違う?現役合格を目指すならメディカ(medika)で対策を

復習を謳う塾や予備校が多いなか,メディカ(medika)の復習主義は徹底しています。
教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。きっと人生が変わります。
メディカ(medika)は君の最後の架け橋。

Information一覧はこちら

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

東京で医学部予備校をお探しの方向けのコラム

医学部の受験は昔と違う?現役合格を目指すならメディカ(medika)で対策を

医学部の受験を検討するにあたり、現役生・浪人生問わず合格の可能性を最大限に高めるためには、年々難化する医学部受験のトレンドと対策について事前に把握しておくことが重要なポイントです。

こちらでは、現役高校生や浪人生に対してクラス(個別)授業や個別指導を手掛けるメディカ(medika)が、ひと昔前とは違う医学部受験の特徴について紹介します。医学部の受験対策をお考えの現役生・浪人生、またその親御様は参考にしてください。

ひと昔前とは全然違う!医学部受験について

エクスクラメーションマークを浮かべる手

近年少子化によって各大学の入試倍率が二極化する中で、多くの大学で定員割れといった事態を引き起こしています。

しかし医学部の受験においては、国公立大学・私立大学問わず年々人気が高まっており、それに伴うかたちで志望者数や偏差値も上昇傾向にあるため、医学部への合格は非常に狭き門になっているのです。

医学部の受験が過去と比較して“より狭き門”となった背景には、「国内の急速な医療需要の増加」「進路シフトの多様化」「医学部全体の偏差値の上昇」といった理由があります。

国内の急速な医療需要の増加

医学部の入学定員数は、1960年度前後には約2800人であるのに対し、2018年度は9419人と約3倍以上に増加しています。これは過去の「一県一医大構想」や、地域医療支援に向けた特例措置や規制緩和に伴い、新設校(学部)が急増したことが要因とされています。

進路シフトの多様化

長期化した不況の影響もあり、「医師=究極の資格取得」と考える現役学生や、女子学生の医学部志望者の増加、学生の地元志向、私立医学部の学費の値下げが起因するかたちで医学部全体の志願者数が増加傾向にあります。

医学部全体の偏差値の上昇

医学部受験を検討する現役高校生の多くは、総じて優秀な学生であることから、年々医学部全体の偏差値も上昇傾向にあります。この現象は私立医大御三家だけでなく、新設医学部にも影響を及ぼしています。

医学部を受験するならメディカ(medika) 現役の受験対策・浪人の個別指導もお任せ!

拳を胸にあてるスーツの男性

医学部への受験をお考えの方は、メディカ(medika)までお問い合わせください。

昔から人気のある医学部ですが、現在ではより過熱感を増し、志望者数・偏差値どのデータをとっても現役学生が目指す最難関の進路であると言えます。

メディカ(medika)では、医学部専門予備校として、医学部受験における傾向と対策だけでなく、少人数制個別指導を行い、本番まで徹底的に反復した授業を行い、学力を高めていきます。

正しい方法で学習をすれば誰もが医学部合格を目指せますので、医学部受験を志す現役学生は一度メディカ(medika)までお気軽にご相談ください。

医学部受験を目指すなら医学部専門予備校のメディカ(medika)へ

スクール名 メディカ(medika)
住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
Tel 03-5412-6585
Fax 03-5412-1650
内容 東京の医学部専門の予備校。医学部受験者を対象にした小論文・面接マナーの指導。オリジナル教材、夜間の特訓学習、合宿など独自の学習システムでの学習のサポート。
説明 少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。
Url https://medika.jp/

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ

資料請求 お問い合わせ