インフォメーション

医学部専門の予備校 メディカ東京(medika Tokyo)

合格者達の軌跡 医学部受験専門予備校メディカ東京 国公立、私大医学部へ高い合格実績 無料個別相談会 2024入学募集 Webセミナー 女子応援 医学部受験専門の予備校メディカ東京がお届けするオンライン授業 医学部受験専門の予備校メディカ東京がお届けするオンライン個別指導 医学部受験生を合格に導く集中メディカ 医学部専門予備校メディカ東京がご提案する受験コラム 医学部各大学情報 医学部受験専門予備校メディカ東京調べ

復習を謳う塾や予備校が多いなか,医学部専門予備校 メディカ東京(medika Tokyo)の復習主義は徹底しています。
教材の反復で前年度不合格からトップ1割へ
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。きっと人生が変わります。
メディカ東京(medika Tokyo)は君の最後の架け橋。

メディア掲載 Yahoo!ニュース 面接官「座右の銘は?」→受験生「死ぬこと以外かすり傷。」…医学部受験「面接で落ちた人」の回答【実話】

2023 / 04 / 09  13:00

メディカ代表亀井の記事が,Yahoo!ニュースで取り上げられました。

これらの記事は、医学部受験サクセスガイド『集中メディカ』ホームページのコラムを抜粋、一部改変したものです。

HP 亀井孝祥2.jpg  

 

年々、医学部入試における面接試験の重要性が高まっています。

面接官は受験生の「誠実さ」「真面目さ」を見ているので、普段通りに話ができれば問題ありません。

しかし、面接の意図を理解していない発言をしたり、合格したいあまり「悪い癖」が出たりして不合格になるケースも続出しています。

学科の勉強も大切ですが、面接にも万全な対策が必要です。

医学部受験専門予備校メディカ代表・亀井孝祥氏が解説します。

 

医学部受験の最終関門、「面接」

医学部入試ではすべての大学で面接試験が課されます。

どんなに学科がよくできても、面接試験で不合格になる場合もあります。

まずは実際にあった例を紹介しましょう。

 

(1)座右の銘を聞かれて…】

面接官「座右の銘はなんですか?

受験生「『死ぬこと以外かすり傷』です」

⇒そのあと面接官と30分議論になったそうです。

合格はもらえませんでした。

 

(2)志望理由を聞かれて…】

面接官「医師志望理由はなんですか?

受験生「人間の生きた心臓を見てみたいからです。」

⇒結果として、恐らく回ってこないであろう番号の補欠になりました。

 

また面接官とのやり取りで、面接官が何を言っても「でも…、でも…、」と何度も食い下がった事例もあり、こちらも30分以上議論の末、回ってこないであろう番号の補欠になりました。

「死ぬこと以外かすり傷」はそもそも実在する書籍タイトルで、受験生にとってもガッツと勇気を与えてくれる内容ですが、もし面接官がその本の内容を知らなければ説明に時間がとられますし、面接の場での発言としてはエッジが効きすぎていて、自分の気持ちがうまく伝えられない可能性があります。

少し面接を甘く見すぎていたのかもしれません。

 

 

本人たちは普通にやっているつもりですが、いくら多様性の時代といっても何でもいいわけではありません。

各大学にはアドミッション・ポリシーがありますし、状況や目的、相手などをきちんと理解したうえで適切な発言をしないと、残念ながら受け入れてもらえないことになってしまいます。

続きを読む

ヤフーニュースの記事はこちら

 

 

 

 

東京の医学部受験予備校に通うなら「メディカ(medika)」へ

スクール名

メディカ(medika

TEL

03-5412-6585

住所

151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル

内容

東京の医学部予備校。英語・数学・理科の学習サポートから、

面接・小論文の指導を行っております。推薦・センター・一般など柔軟に対応。

多数の合格者を送り出しており、学費に関する相談も承ります。

説明

少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。

一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、

メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、

教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。

正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。