インフォメーション

coronavirus オンライン授業 オンライン個別指導 合格者達の軌跡 個別相談会 集中メディカ メディア掲載情報 医学部各大学情報

復習を謳う塾や予備校が多いなか,メディカ(medika)の復習主義は徹底しています。
教材の反復で前年度不合格からトップ1割へ
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。きっと人生が変わります。
メディカ(medika)は君の最後の架け橋。

メディア掲載 Yahoo!ニュース 医学部受験 医学部「学費全額免除」で「9年間地方勤務」を確約…“地域枠入試”の実態

2022 / 02 / 16  12:00

メディカ代表亀井の記事が,Yahoo!ニュースで取り上げられました。

これらの記事は、医学部受験サクセスガイド『集中メディカ』ホームページのコラムを抜粋、一部改変したものです。

HP 亀井孝祥2.jpg

 ご興味ある方はぜひご覧ください。

 

医学部「学費全額免除」で「9年間地方勤務」を確約…“地域枠入試”の実態

10年以上、医学部の定員数は「増加」していた

令和2年度、国公私立大81校の医学部総定員は「9330人」と、前年度の定員である9420人から90人も減少しました。その後も令和3年度は9357人、4年度は9374人と、ピーク時を下回る定員数が続いています。

厚生労働省と文科省の説明によると、定員減となったことにはいくつかの要因があります。

まず、都道府県が地元の医師不足解消のために設けた「地域枠入試」制度の崩壊です。卒業後、地元の医療機関で勤務することを条件に奨学金を貸与する制度ですが、過去11年間の地域枠の募集で、合計約2600人分の定員割れが発生しています。そのため、2020年度は募集・増員を希望する自治体が少なかったのです。

加え、各大学が地域枠で埋まらなかった定員分を「一般枠」に振り替えていたことがわかっています。それらの状況を踏まえ、文科省は医学部の定員見直しに踏み切ったのです。

ちなみに、昔の医学部はもっと狭き門で、2007年度の入学定員は7625人でした。当時の医学部定員は、政府の閣議決定により「毎年7600人程度」という上限が設けられており、現在より2割も少なかったのです。

しかし2000年代前半、各病院が医師不足に陥ったため、救急搬送の患者を受け入れられるキャパシティがなく、「救急車たらいまわし」問題が多発していました。複数の医療機関から受け入れを拒否された患者が死亡する事態も発生し、医師不足は社会問題として大きく取り上げられるようになりました。 この問題を重く受け止め、政府は・・・

続きを読む

ヤフーニュースの記事はこちら

 

 

 

東京の医学部受験予備校に通うなら「メディカ(medika)」へ

 

スクール名

メディカ(medika

TEL

03-5412-6585

住所

151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル

内容

東京の医学部予備校。英語・数学・理科の学習サポートから、

面接・小論文の指導を行っております。推薦・センター・一般など柔軟に対応。

多数の合格者を送り出しており、学費に関する相談も承ります。

説明

少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。

一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、

メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、

教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。

正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。