インフォメーション

復習を謳う塾や予備校が多いなか,メディカ(medika)の復習主義は徹底しています。
教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。きっと人生が変わります。
メディカ(medika)は君の最後の架け橋。

Information一覧はこちら

集中メディカコラム 受験生の悩み どうしてもやる気がでません・・・予備校講師の返答は?

2019 / 10 / 01  12:00

受験生の悩み どうしてもやる気がでません・・・予備校講師の返答は?

亀井 孝祥 医学部受験予備校メディカ代表

 

 

長い長い受験期間。生徒の皆さんは、何度も心が折れそうになりますよね。しかし、悩みというのは、打ち明けたり、共有したりすると、少しは楽になるものです。メディカ(medika)内外問わず浪人生は多くの悩みを抱いています。メディカ(medika)では生徒のメンタル面をサポートしています。本コラムはご相談いただくなかでも、特に多いお悩みについてまとめています。受験生の心のケアに少しでもお役に立てください。

 

受験生の悩み① 多浪の先輩を見てしんどい気持ちになる

医学部合格者の内訳をみると、多くの大学で浪人生が半数以上を占めています。受験とは1年に1回しかチャンスがありません。「今年こそ合格できるだろうか」と悩むこともあるでしょう。同じ予備校に通う先輩は5浪もしくはそれ以上、なんてことも珍しくありません。お酒やSNSに逃げている姿をみれば、自分も勉強がとてもつらく、医師になれる自信を無くしてしまうこともあるのではないでしょうか。

勉強漬けの日々に必ず限界が来るというのは、長年医学部受験を専門としてきたからこそ、痛感します。

2浪すれば20歳を迎え、お酒やタバコも解禁されるなど、誘惑も増えます。先輩から勧められることもあるでしょうし、同級生がサークルで乾杯している写真を見て心が折れた……ということも、想像に難くありません。「なにくそ!」と思えるのならベストですが、受験生活のなかでは、そう簡単に感情を整理できないものです。

それに、誘惑に負け、勉強をサボったところで、「この時間もみんなは勉強しているんだ……抜かされたらどうしよう」と考えてしまいませんか? 医学部受験生は真面目な子が多いです。「逃げたい」と「追い抜かれたくない」というジレンマに悩む子は、何人も見てきました。

そんなときは、勉強しながらリフレッシュをするというのも、悩み解決の手段として検討してはいかがですか。なにも座学だけが勉強ではありません。普段の学習に飽きてしまったときは、医療従事者の生の声を聞きにいくというのも、立派な勉学になります。続きを読む・・・

 

 

 

 

 

 

東京の医学部受験予備校に通うなら「メディカ(medika)」へ

 

スクール名

メディカ(medika

TEL

03-5412-6585

住所

151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル

内容

東京の医学部予備校。英語・数学・理科の学習サポートから、

面接・小論文の指導を行っております。推薦・センター・一般など柔軟に対応。

多数の合格者を送り出しており、学費に関する相談も承ります。

説明

少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。

一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、

メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、

教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。

正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。