インフォメーション

入学希望受付中 春期講習 医学部合格者速報 WEBスクール 集中メディカ YouTubeメディカ紹介動画 覚悟の瞬間 メディカBlog

復習を謳う塾や予備校が多いなか,メディカ(medika)の復習主義は徹底しています。
教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。きっと人生が変わります。
メディカ(medika)は君の最後の架け橋。

Information一覧はこちら

集中メディカコラム 医学部受験ラストスパート!勉強ストレスによる「睡眠不足」の解消法は?

2019 / 12 / 30  11:00

医学部受験ラストスパート!勉強ストレスによる「睡眠不足」の解消法は?

亀井 孝祥 医学部受験予備校メディカ代表

 

センター試験まで30日を切り、これまで積み重ねてきた受験勉強の仕上げの時期となりました。習得知識の最終チェック、追い込みのために、毎日夜遅くまで頑張っている受験生も多いのではないでしょうか。しかし睡眠不足の日が長く続くと、次第に睡眠リズムがおかしくなってしまいます。早起きをしなければいけない日に、寝坊してしまいかねません。

センター試験は朝9時からスタート。万が一遅刻などしてしまったら、今までの努力が水の泡です。合格を勝ち取るためにも、より効果的な睡眠のとり方について、この時期から考えていきましょう。

 

ダラダラ夜更かししても学習効率は上がらない

睡眠には、浅い眠りの「レム睡眠(REM sleep)」と、深い眠りの「ノンレム睡眠(non-REM sleep)」があります。

ノンレム睡眠は、睡眠の深さ(脳波の活動性)によってステージ1からステージ4まで4つの段階に分類され、ステージ4が最も深いレベルとされています。睡眠は、このノンレム睡眠とレム睡眠を90分から120分間隔で繰り返されることで成り立っています。

ノンレムとレムの繰り返しを5セット、すなわち一晩7時間半から10時間が理想的な睡眠時間とされていますが、受験生は、一晩3時間から5時間程度しか眠っていない人も多いです。そのような睡眠不足状態が数日間続くと、脳の機能は、お酒を飲んだあとのように身体がフラフラになる「酩酊状態」と同じレベルにまで落ちてしまいます。そのような状態で徹夜勉強を重ねても、成果が上がらないことは、いうまでもありません。

続きを読む・・・

 

 

 

 

東京の医学部受験予備校に通うなら「メディカ(medika)」へ

 

スクール名

メディカ(medika

TEL

03-5412-6585

住所

151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル

内容

東京の医学部予備校。英語・数学・理科の学習サポートから、

面接・小論文の指導を行っております。推薦・センター・一般など柔軟に対応。

多数の合格者を送り出しており、学費に関する相談も承ります。

説明

少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。

一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、

メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、

教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。

正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。