インフォメーション

coronavirus 相談会 オンライン授業 YouTubeメディカ紹介動画 集中メディカ メディア掲載情報 合格者達の軌跡 医学部各大学情報

復習を謳う塾や予備校が多いなか,メディカ(medika)の復習主義は徹底しています。
教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。きっと人生が変わります。
メディカ(medika)は君の最後の架け橋。

Information一覧はこちら

集中メディカコラム 過酷な医学部受験・・・「子の勉強」に、親はどう関わるべきか?

2019 / 10 / 01  10:15

過酷な医学部受験・・・「子の勉強」に、親はどう関わるべきか?

 亀井 孝祥 医学部受験予備校メディカ代表 

 

医学部受験を控える子を持つ方から「自身の仕事も忙しく、万全なケアをしてあげられない……」といった悩みが多く寄せられます。また受験生活のみならず、医師になったその後も心配という声も少なくありません。では限られた時間のなかで親にできる手助けとは、一体なんでしょうか?

医学部の「入学定員数」拡大も、受験生を取り巻く環境は過酷

医学部受験の場合、浪人が当たり前の世界ですから、数年単位に及ぶ勉強生活を憂い落ち込んでしまう子が少なくありません。たとえば「医学部 挫折」と検索したことはありますか。検索窓の一覧にも出てきますから、思わずクリックした方もいるのではないでしょうか。

受験に失敗し、やむを得ずほかの道に進んだ人、10浪目に突入した息子の対応に悩む人……子と親、双方の立場からの悲痛な叫びが大量に出てきます。精神衛生上、良いものではありません。

しかし、医師という目標に手が届かず挫折してしまう子もいる一方で、高齢化が進み、医療従事者そのものの需要は年々高まっています。特に地方の医師不足は深刻化しており、開業医1人が村全体の健康を担っているという状態も散見されています。

事態を重く見た厚生労働省は20193月、「医療従事者の需給に関する検討会」を開催しました。同会では2030年に医師需要が最大化すること、そして医師の偏在対策のため、地域医療の充実を図ることが確認されました。

実際、医師の数も増加しています。厚生労働省が発表した「平成28年(2016年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」によると、その数は男性だと前年度比1.7%、女性の場合は6.3%も増えているのです。また平成20年度以降、医学部の定員数も大幅に増員されています。

続きを読む・・・

 

 

 

 

 

東京の医学部受験予備校に通うなら「メディカ(medika)」へ

スクール名

メディカ(medika

TEL

 03-5412-6585

住所

151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル

内容

東京の医学部予備校。英語・数学・理科の学習サポートから、

面接・小論文の指導を行っております。推薦・センター・一般など柔軟に対応。

多数の合格者を送り出しており、学費に関する相談も承ります。

説明

少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。

一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、

メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、

教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。

正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。