復習を謳う塾や予備校が多いなか,メディカ(medika)の復習主義は徹底しています。
教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。きっと人生が変わります。
メディカ(medika)は君の最後の架け橋。

Information一覧はこちら

2019合格体験談速報2 多浪でも医学部に合格できる 東北医科薬科大学。

2019 / 03 / 16  18:30

19家崎君_pp.JPG

家崎芳明くん

県立前橋高校卒

進学予定:東北医科薬科大学

金沢医科大学医学部ほか合格校多数

 

5浪をすることが決まって予備校を探しているとき、

ふと「もうダメなんじゃないか」と頭によぎりました。

3、4浪と1次通過校はあるものの2次合格が掴みとれない状況が続いていたからです。

メディカで勉強をしようと決めた理由としては、

代表の亀井先生の熱い気持ちと勉強の計画や方法を学習面談で一緒に考えてくれること。

あと面接や小論文の2次試験対策指導がしっかりとカリキュラムに組み込まれていて、

毎週授業をしてもらえることです。

実際、ハンセン病療養所の研修や救急救命の講習会参加など、

他の予備校では考えられないような授業があって、

2次試験でアピールをする練習などもしてもらえたことはかなり心強かったですし、

実際に金沢医大の後期試験の集団面接で完璧にアピールができ、

正規合格が勝ち取れたことにもつながったと思います。

また他予備校に圧倒的に勝る演習量もメディカを選んだ理由です。

1回70分の復習テストが1週間の中で何回もあり

(年間で全教科あわせて140~150回くらいはやります!)、

制限時間内に問題を解くのは本当に大変でした。

今振り返るとメディカでのテストの時間制約のおかげで試験本番では

時間配分やどの問題を解くかの技術が養われ、

また計算ミスも激減しました。

5年間浪人をしてきて、受験生自身が何を求めるか、

また本当に必要なものは何かによって予備校を選ぶべきだったと痛感しました。

自分のように力がついたつもりでいて受からないと言う人は

メディカが合うのではないかと思います。

そしてメディカを信じて受験勉強に励んでください。

きっと素晴らしい春が来るはずです。

サポートして下さった先生方やスタッフにこの場をお借りしてお礼申し上げます。

この1年間、本当にありがとうございました。

 

 

注)1次合格校多数のため補欠の繰り上げ状況によって進学先が変わることもあります。

 

 

東京の医学部受験予備校に通うなら「メディカ(medika)」へ

スクール名 メディカ(medika)
TEL
03-5412-6585
住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-8 千駄ヶ谷尾澤ビル
内容
東京の医学部予備校。英語・数学・理科の学習サポートから、
面接・小論文の指導を行っております。推薦・センター・一般など柔軟に対応。
多数の合格者を送り出しており、学費に関する相談も承ります。
説明
少人数制・個別指導。現役の高校生・高卒の浪人生。
一人ひとりの学力レベルに合った徹底したカリキュラムで、
メディカ(medika)の復習主義は徹底しており、
教材の反復で前年度不合格からトップ3割へ。
正しい方法で学習をすれば誰もが必ず医学部に合格できます。