講師

Information一覧はこちら

数学科

インタビュー内容 | 名前 | 出身大学 | 座右の銘 | 受験生へのメッセージ

合否の要となる医学部受験の数学は、『考えること』と『(標準的な問題は)解法を覚えておくこと』の2つが大切で、暗記ではありませんが、限られた試験時間の中で、正答を多く出すためには、できる限り短い時間で、「解法を整理する」と同時に「正確に素早く計算をする」、この2つの両輪が必要であり、どちらもバランスよくスムーズに動かなくてはなりません。
メディカ(medika)の数学学習は『医学部に合格する』ことだけに徹底的にこだわった、究極のカリキュラムです。「メディカ(medika)で学んだことを徹底して復習し,反復する」ことができるよう、週5回の授業に加え、毎週毎に70分で20題を解き切る練習を加えた、サーキットトレーニングを行います。
インプットとアウトプットの最強カリキュラムを通して、夏期までに高校数学を一巡し、特に前期から夏期までは、しっかり基礎を固めると同時に、高校の範囲を超えた受験テクニックを伝授します。また後期から医学の入試問題をガンガン解いていき、初見の問題にも素早く対応できる力を養います。数学が苦手な受験生の方は、ぜひメディカ(medika)の門を叩いて下さい。必ず得意にしてあげます!!

亀井孝祥(代表)
東京理科大学
人間万事塞翁が馬
成功するか否かは受験当日までいかに最後まで精一杯やれたかで決まります。「絶対に諦めない!」限られたチャンスを無限の可能性に変えるため,最後まで全力で闘い抜くことが大切です。しっかりついてきてください。絶対に合格しましょう!
栗山紘和
東京大学
豊かで楽しい人生目標と今の実力との解離具合を常に意識しましょう。
より伸びしろのある分野を優先的に強化することが合格への近道です。
戦術の立て方をお教えします。
森下敏明
神戸大学
継続は力なり
受験勉強は、自分との闘い。頼れるのは自分。こつこつ勉強するのみ。ただ、受験勉強を継続するには、家族、友人、先生の支えなしには成り立ちません。勉強できることへの感謝を忘れずに!
秋山真之
東京大学
入試を突破するために必要なものは自身の目標に向かう熱情です。熱い精神を持っている生徒、熱くなりたい生徒はみんな集まってきてください!私達がきちんと応えます。
田中秀彦
京都大学
(座右の銘ではないですが、)のんびり、伸び伸び
受験は人生の中でひとつの通過点ととらえて、何事においても本質的な力を養うことを目指しましょう。
鶴田良文
東京大学

英語科

インタビュー内容 | 名前 | 出身大学 | 座右の銘 | 受験生へのメッセージ

「ネイティブは皆英語が話せる。日本人も反復すれば必ず習得できる」とはよく言われることですが、ネイティブが母国語を身につけるのに要した膨大な時間を、医学部受験生が英語に費やすわけにはいきません。限られた時間で必死の努力をしているのに点数に結びつかない受験生は大勢います。

実は、英語が伸び悩む理由は千差万別です。伸び悩みの原因を「単語量の少なさ」に帰結させているケースが多いものですが、英語の論理と勉強法を正しく押さえている受験生はまずいません。メディカ(medika)では、一人一人の特性を徹底的に洗い出し、個別のメニューを組むところから始まります。

もちろん、メニューが何であれ、その反復が必須です。医学部入試の英語は、昔ながらの「受験英語」です。復習テスト、単語テスト、熟語テスト、総合復習テストといったテストに合わせ、倦まず弛まず反復練習をする。さらに個々のメニューに合わせた反復トレーニングをこなす。もちろん、我々が常に伴走します。

中村克己
早稲田大学
臥薪嘗胆
現実を直視する勇気、限界を超えて行く気持ちの強さ、過ぎた蛮勇に陥らない科学的思考、3者のバランスが重要。
福永朋之
早稲田大学
他人に優しく自分にもっと優しく
医師を志す皆さんには、幅の広いものの見方を身につけてほしいと思います。メディカ(medika)で学ぶことがそのためにも大いに役立つことを願いながら授業をしています。
樋笠宏明
オレゴン州立大学
継続は力なり
メディカ(medika)から1人でもたくさんの医学生を輩出したいと思います。自分が医者の世話になる時は元生徒を頼りたいと思います。
山口広俊
千葉大学
精神一到何事か成らざらん
周囲の誘惑に負けない精神を持ち続けること。
河野守
大阪教育大学

物理科

インタビュー内容 | 名前 | 出身大学 | 座右の銘 | 受験生へのメッセージ

試験場で物理の問題文を読んだときに、暗記していた公式群を書き出して、さてどれを使ったらよいか、などということを考えていたら合格など出来るはずはありません。また、同じような問題をどこかでやっていなかったかを一所懸命思い出す、というのでも医学部合格はおぼつきません。たとえ見たことのない問題でも、何がどうなってという状況を把握し、問題を解くのに必要な事項が自然と出てくるようにしなければなりません。

メディカ(medika)ではテキスト、復習テスト、メディカ(medika)模試、選択授業、講習等での多くの問題演習を行います。それにより、知識を正しくインプットし、的確にアウトプットする訓練をしていきます。苦手分野などなくし、試験本番においては必ず解けなければいけないレベルの問題から手をつけて合格点を確保し、残余の時間でより高得点を目指す基礎力と思考力をつけてもらいます。

森下敏明
神戸大学
継続は力なり
受験勉強は、自分との闘い。頼れるのは自分。こつこつ勉強するのみ。ただ、受験勉強を継続するには、家族、友人、先生の支えなしには成り立ちません。勉強できることへの感謝を忘れずに!
髙松哲
大阪府立大学
自分の仕事に熟練した人は王たちの前に立ち、凡庸な人たちの前には立たない。
受験には、基本事項の理解と問題を解く技術を身に着けることが必要です。効果的な学習法で乗り越えてください。
高城公弘
東京理科大学
青春とは人生の一時期のことではなく、心のありようを言うのだ。物理学は自然を語る未完の叙事詩である。
医学部に合格するために一番大切なのは真面目であるかどうかです。謙虚さを持って真摯に取り組んでいきましょう。

化学科

インタビュー内容 | 名前 | 出身大学 | 座右の銘 | 受験生へのメッセージ

有機化学と無機化学は暗記することが多いですが,医学部の入学試験では出題される分野が限られているので,何度も繰り返し復習するとこにより,身についてきます。

また,計算ミスをなくす計算方法も伝授します。さらに,医学部独特の正誤問題も数多く解きながらパターンをマスターし、得点へとつなげます。

医学部の入学試験では1点が合否の分かれ目になります。基本問題~標準問題で理解できなかったところは質問し,復習テストで得点できるよう十分に復習して下さい。必ず,本番で高得点できます。

倉田淑彦
立命館大学
継続は力なり
医学部受験では,1点が合否の分かれ目になります。基本事項をおろそかにせず(基本問題で得点できないと致命的になります)反復を十分行って下さい。応援しています。
秋山真之
東京大学
入試を突破するために必要なものは自身の目標に向かう熱情です。熱い精神を持っている生徒、熱くなりたい生徒はみんな集まってきてください!私達がきちんと応えます。
中野翔太郎
大阪大学
人事を尽くして天命を待つ
受験勉強は学習です。別に能力や才能を競う訳ではありません。繰り返しやった者の勝ちです。繰り返しの作業をいかに効率よく終わらせるか,それをお手伝いするのが講師の役割だと思っています。

生物科

インタビュー内容 | 名前 | 出身大学 | 座右の銘 | 受験生へのメッセージ

医学部受験,とくに私立医系大学受験において,生物ほど厄介な科目はないでしょう。皆さんが将来扱うのは,生物であるヒトのココロとカラダ。それゆえ高校レベルを超えた専門的知識の理解,最新の生物トピックスに興味を持つこと,実際の医療や生物研究への教科書知識の運用などが求められます。植物生理や生態系のように,一見,医療や医学と直結しないようにみえる分野も,「与えられた課題をまんべんなく平らげる力量があるかどうか」を検査する意味で,動物分野や分子生物分野,生化学分野と同様に数多く出題されるのも厄介さの一因といえるでしょう。

私たちメディカ(medika)の生物では,合格のために「何をどこまでできるようにすべきか」と,将来のために「専門的内容,最先端のトピックスに触れること」を両立させる指導を目指しています。そして,単なる暗記に陥らずに,楽しく,イマジネーション豊かに学ぶこと,超えるのが困難な壁や,未知の事象に立ち向かう情熱を育てることも大切にしています。

若林研吾
東京大学
勝負は、その勝負の前についている。
成功するか否かは受験当日までいかに前向きに,精一杯やり抜いたかで決まります。
「絶対に諦めない!!」という気持ちで、限られたチャンスを掴みとりましょう! 
理解できるまで何度でも教えますので、諦めることなく質問に来てください。
大森茂
東北大学大学院
個性を謙虚に見つめ、個性に奔放に生きる
10年後の自分の姿を考えてみよう。
受動的な勉強をしていませんか?今の勉強が来年の入試結果に反映されます。そして,将来の職業にも。10年後に自分が真摯に患者さんと向き合って病気の診断をしている姿を思い浮かべてください。患者さんから感謝の言葉を受けている自分の姿を。

国語科

インタビュー内容 | 名前 | 出身大学 | 座右の銘 | 受験生へのメッセージ

医学部受験,とくに私立医系大学受験において,生物ほど厄介な科目はないでしょう。皆さんが将来扱うのは,生物であるヒトのココロとカラダ。それゆえ高校レベルを超えた専門的知識の理解,最新の生物トピックスに興味を持つこと,実際の医療や生物研究への教科書知識の運用などが求められます。植物生理や生態系のように,一見,医療や医学と直結しないようにみえる分野も,「与えられた課題をまんべんなく平らげる力量があるかどうか」を検査する意味で,動物分野や分子生物分野,生化学分野と同様に数多く出題されるのも厄介さの一因といえるでしょう。

私たちメディカ(medika)の生物では,合格のために「何をどこまでできるようにすべきか」と,将来のために「専門的内容,最先端のトピックスに触れること」を両立させる指導を目指しています。そして,単なる暗記に陥らずに,楽しく,イマジネーション豊かに学ぶこと,超えるのが困難な壁や,未知の事象に立ち向かう情熱を育てることも大切にしています。

中村克己
早稲田大学
臥薪嘗胆
現実を直視する勇気、限界を超えて行く気持ちの強さ、過ぎた蛮勇に陥らない科学的思考、3者のバランスが重要。
奥村清次
東北大学
「玄之又玄。衆妙の門。」(老子)
自分の目指す理想の医療を実現するための未来が待っています。どんなにへこたれようとも,医師になろうと決意した初心を忘れず,大いなる夢を実現すべく,ゴールに向かって突っ走れ!
谷川大介
同志社大学
飄々と淡々としてありたい。
どか雪が降ってみんな流してしまった。それでいいんです。いままでの自分などひと思いに棄ててしまえ。真新しい進歩したいまの自分をさらけ出せ。

社会科

インタビュー内容 | 名前 | 出身大学 | 座右の銘 | 受験生へのメッセージ

メディカ(medika)社会科はセンター対策に特化しています。マニアックに突き詰める必要は何もありません。浅く広く、必要最小限の知識を効率よく伝えることに注力しています。また、社会が苦手という医学部受験生の話をよく聞いてみると、
① 単に社会に割く時間が少ない。
② 覚えればいい、と考えて背景の論理を軽視している。よってすぐに忘れてしまう。
この2点が原因であることがほとんどです。他教科も含めた勉強全体のプランニングや、社会の勉強の仕方を少し変えるだけで、①②ともにすぐに解消します。国語同様、正しい戦略を持たずに勉強している医学部受験生が圧倒的に多い科目であり、小さな努力で大きな差をつけられる「穴場」の科目です。

鈴木宏樹
東京大学
自律自啓
人に勝つより自分に勝て(嘉納治五郎) 弱い自分に克ち、その場そのときのベストを尽くすことで目標を達成しましょう。
関根真男
京都大学
他人のせいにしない
集中力と洞察力を両輪にして臨め!
楠木澄
関西学院大学
不忘初心
之を楽しむ者に如かず(孔子)

*資料請求・お問合わせはお気軽にどうぞ